フィギュアーツ オーガ レビュー
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーガのレビューです。
P00_4875P00_4878
全身。黒金といういかにも悪者なカラーリングが特徴。頭部形状やローブを纏ったデザインなど魔術師みたいな印象に。
P00_4892
顔。普通のライダーとは大きく異なる独特なシルエットで複眼の形状も独特。
P00_4890P00_4887
劇中ではあまり目立たなかったですが複眼内のモールドもくっきり。ラインなども正確でした。
P00_4896
各部位など。胸部のデザインもかなり特殊で若干角ばったフォルムに。中央の赤は目と同じくクリアパーツ。
P00_4899
腰回り。
P00_4882P00_4884
腕や足。フォルムは他の555系ライダーと同じですが脚部が裾で隠れてることもありあまり目立たず。
P00_4950
足裏の塗装は縁のみ。久しぶりのダイキャスト足でした。
P00_4948
裾は軟質素材ですがそこそこ硬めな材質なので足の開きはこれくらい。
P00_4924
背中。全身の金ラインはオメガストリームというとか。
P00_4927
左右のマントっぽいパーツは横に可動。こちらも軟質素材。
P00_4872
オプション。
P00_4929
オーガストランザー。メイン武器の剣。細かなディテールもきっちり再現。
P00_4932
収納用の短剣モードはこんな感じに。
P00_4935
オーガフォン。黒金というDQNが好きそうなカラーリングの携帯に。
P00_4937
表側。
P00_4934
フォンブラスター。劇中未使用ですが一通りいつものセットが付属。持ち手は剣と共用。
P00_4944
交換用ベルトもファイズなどと同じくミッションメモリーなしと、
P00_4945
フォンごと外した2種が付属。
P00_4915
サイズは他の555系より若干大きめ。これで劇場版まで含めたライダーが勢揃い。
P00_4956
適当に何枚か。
P00_4977
パンチ。可動はローブの干渉がありますが腰を回して隙間から足を出せば下半身も結構動きます。
P00_4987
肩は垂直までは上がりますがファイズに比べると少し狭めに。武器は色々持ってるものの攻撃手段は大半がパンチ。
P00_4996
フォンブラスター。デザインと相性が悪く劇中も使わなかったせいかあまり似合わない印象。
P00_5009
フォンブラスターは剣と共通の持ち手ですがこちらの方が太く持ち手が開くので要注意。
P00_5024
オーガストランザー。こちらはファンタジーっぽい本体デザインと合っててよく似合う武器。
P00_5032
角度付きの手首は付かないですが手首関節がよく動くの突きっぽい動きも大体可。
P00_5059
刀身の長さや太さも大体劇中通りでした。
P00_5017
エクシードチャージ。
P00_5074
オーガストラッシュ。エフェクトはしょぼいダンボール戦記ので。ブラスターフォームみたいなのが付けば良かったんですが。
P00_5085
ファイズと対決。
P00_5091
基本フォームだと一方的。
P00_5110
555系からの流れで今回もダイキャスト足でしたがライダーでは最後になりそうかも。
P00_5130
ブラスターフォームになると逆転。
P00_5147
剣対キック。
P00_5162
エフェクトは魂エフェクトサンダーから。
P00_5176
決着。
P00_5199
最後の一撃。肘は曲がりますが一応両手持ちも可。
SHF オーガ レビュー
終わり。以上、S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーガ のレビューでした。

イベントなどではかなり昔から展示されてたキャラですがサイガよりも更に大幅に遅れてようやく発売。
ローブを纏った奇抜なデザインや独特な黒と金のカラーリングも色味など劇中のイメージ通り再現され、メイン武器のオーガストランザーを始め劇中未使用のフォンブラスターなども付属し見た目、遊び共にほぼ完璧な出来に仕上がってました。
ファイズはメインのライダーは劇場版も含めてこれで揃いましたが今後もまだオルフェノクなどが続いていくようなのでそちらにも期待です。

S.H.フィギュアーツ ロード・バロン、仮面ライダークウガ アルティメットフォームなど(魂ウェブ商店)



S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーディケイド

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダークウガ ライジングマイティ

S.H.フィギュアーツ マシンゴーストライカー(あみあみ)