フィギュアーツ ウルフオルフェノク レビュー
S.H.フィギュアーツ ウルフオルフェノクのレビューです。
P00_8727P00_8730
全身。ホースと同じく石像のような質感が特徴。かなり複雑なデザインですが細部まで再現されてました。
P00_8745
顔。こちらはウルフという名前の通り狼がモチーフになっており口の中に顔があるような感じに。
P00_8742P00_8739
塗装はやや大味な感もありますがホースの時と同じく造形は精密で格好良かったです。
P00_8990
下からも。
P00_8753
各部位など。胴体は幅と厚みがあり力強いイメージに。色はホースより薄めで汚しも控えめでした。
P00_8754
腰回り。腹部が軟質素材になってるのが特徴。
P00_8734P00_8735
腕や足。この辺はホースと違って獣っぽさが強調。あちこち刺々しい形になっており爪のようなパーツは暗めの銀塗装。
P00_8933
背中は毛で覆われ大きな爪状の突起があるのが特徴。
P00_8935
後ろ髪は首の可動に配慮して上へ上げることが可能で、背中の爪もそれぞれ横に曲げることが。
P00_8936
尻尾も可動式。
P00_8778
可動は首は上下にはよく動きますが横は苦手。腰も反ることは出来ますが前屈はいまいち。肩は水平ほど上げることが可能。
P00_8781
股関節も干渉があって開きはいまいち。肘膝などは問題なく接地性も高めでした。
P00_8724
オプション。
P00_8765P00_8770
差替え用足パーツが付属し関節を差し替えることで劇場版の疾走態も再現可能。
P00_8773
逆関節になり更に獣っぽい形に。ただ劇中に比べると足は少し短めでした。
P00_8776
こちらでは膝部分が2ヵ所可動するように。
P00_8762
ファイズ、ホースオルフェノクと。サイズはファイズと同じくらいでホースより小さめ。ホースと並べるとちょっと違和感が。
P00_8869
極魂とはバランスや色などだいぶ変わってました。
P00_8790
適当に何枚か。
P00_8806
首を横へずらすことが出来るので初登場時などの首がずれた動きを再現可能。
P00_8816
飛びかかり。
P00_8823
パンチ。腰は軟質素材の腹部の位置を調節する必要がありますがしっかり回転するので格闘ポーズもきっちり。
P00_8828
ドロップキック。オルフェノク時はライダー時とは違った戦い方に。
P00_8835
やや不格好ですが一応膝立ちも可。
P00_8839
足を交換して劇場版の疾走態に。
P00_8856
ダッシュ。こちらでは足が細くなる分転倒しやすかったです。
P00_8867
脚部は劇中に比べると短いですがそちらは細長すぎる感があったので見た目的には今回の方が自然な気も。
P00_8983
キック。股関節周りはいまいちなので足は大きくは開けず。
P00_8913
ファイズと対決。
P00_8911
木場が反撃しないので一方的。
P00_8927
カイザと対決。こちらも巧が反撃しないので一方的。
P00_8944
ホースオルフェノクと。何故かサイズ差が結構あったので若干絡ませにくかったです。
P00_9012
疾走態でも。ホースの方の激情態は出るのか謎。
SHF ウルフオルフェノク レビュー
終わり。以上、S.H.フィギュアーツ ウルフオルフェノクのレビューでした。

最近になって残ってたラインナップを出し尽くしてる感じのファイズシリーズですが今回はウルフオルフェノクが発売。
出来の方はホースオルフェノクよりだいぶサイズが小さかった点と一部塗装が粗かった点はちょっと気になりましたが他は特に問題なく、複雑なデザインや各部の刺々しいディテールも精密に再現されてて格好良く仕上がってました。
個人的には敵の中で特に印象深かったドラゴンオルフェノクあたりも出して欲しいですが、当面はファイズ関係の予定はもうないようなのでこれで終わりなのか気になるところです。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダークウガ アルティメットフォーム、仮面ライダーゴースト ムサシ魂など(魂ウェブ商店)



【特典】S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーゴースト オレ魂

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダークウガ ライジングマイティ

S.H.フィギュアーツ マシンゴーストライカー(あみあみ)