ROBOT魂 シャアザク アニメ レビュー
ROBOT魂 シャア専用ザク ver. A.N.I.M.E.のレビューです。
P00_9017P00_9020
全身。ガンダムver. A.N.I.M.E.と同じく初期のアニメに沿ったプロポーションと色使いが特徴。
P00_9328
顔。初期のアニメ版ということで複雑なディテールなどはなくシンプルな顔立ち。パイプも一節が大きめ。
P00_9042P00_9044
モノアイは頭頂部カバーを開いて動かすシンプルな形式で可動。角もシャープでした。
P00_9324
各部位など。胴体も軽くモールドが入ってる程度でシンプル。曲面的なフォルムなどもイメージ通り。
P00_9323
腰回り。パイプ類は全て軟質素材でこちらも節が大きめ。
P00_9024P00_9025
腕や足。両方ザクらしい太さがあり尚且つ長さもあって程良いバランス。シールドにはエフェクト用の穴が。
P00_9047
シールドの基部は肩横がボールジョイントで上が軸可動。
P00_9033
肩は左右非対称で左はスパイクアーマー。
P00_9030
足裏はガンダムと同じくエフェクト用の穴が。
P00_9035
背中。
P00_9037
腰アーマー中央は開閉出来るようになっておりスタンドや付属のマウントパーツなどを差し込み可能。
P00_9051
可動はガンダム同様良好で首が引き出し式で腰のスイング幅もかなり広め。ただ肩はアーマーが干渉しあまり上がらず。
P00_9052
肘膝は深く曲がり股関節も基部がレール式になってて大きく引き出せ、開脚幅も広く接地性も高かったです。
P00_9054
また肩は引き出し式になっており更に胸部左右もガンダムと同じく内側へ可動。
P00_9048
首の引き出しはカバーがあるので見た目も自然。
P00_9015
オプション。
P00_9069
フル装備状態。
P00_9060
ザクマシンガン。フォアグリップは可動式。
P00_9063
マガジンは取り外して腰にマウント可能。
P00_9096
ザクバズーカ。グリップは若干前後に可動し、フォアグリップ、スコープは回転式。
P00_9068
こちらは各マウントパーツを使って腰裏や、
P00_9074P00_9071
ランドセル左右に装備することが。
P00_9058
ヒートホーク。
P00_9080
収納状態は別で付属しサイドアーマーなどに取り付け可能。なお腰裏にバズーカを付けてるとこちらと干渉します。
P00_9066
続いてエフェクト類。ザクマシンガンエフェクト。こちらは銃口に付けるだけ。ちなみにガンダムのライフルにも使用可。
P00_9098
ザクバズーカエフェクト。重量があるので使用時は魂ステージの補助が必要。なおこちらはガンダムには使用不可。
P00_9102
バーニアエフェクト。ガンダムと似た感じの色違いの物が付属。
P00_9104
今回も背中だけじゃなく足裏にも取り付け可。
P00_9090
爆破エフェクト。こちらはシールドの穴に取り付けて使用。
P00_9093
ふくらはぎや腕裏などの穴にも取り付け可。
P00_9111
またガンダムのシールドにも取り付け可能でした。
P00_9148
裏にはスタンド穴もあり単体で浮かせて使うことも。
P00_9107
今回も手首をまとめておける手首格納デッキが付属。
P00_9108
前回のガンダムの物と繋ぐことも可能でした。
P00_9083
同じver. A.N.I.M.E.のガンダムと。体型のバランスや色など統一感もばっちり。
P00_9085
量産機ですが旧版のザクとも。ガンダム同様プロポーションのバランスなど大きく変更。
P00_9086
後ろ。ラドセルの形なども変化。
P00_9116
適当に何枚か。
P00_9121
肩周りは引き出しや胸部可動など非常に柔軟なのでマシンガンの両手持ちも楽に。
P00_9132
エフェクトもマシンガンらしい造形と色で臨場感のある雰囲気でした。
P00_9138
タックル。
P00_9152
爆破エフェクト。自分がダメージを受けてる時のエフェクトというのはかなり珍しい気が。
P00_9168
股関節のスライド機構のおかげで膝立ちも自然に。
P00_9184
バズーカに交換。
P00_9193
こちらのエフェクトも飛んでいく弾や煙の表現など塗装が凝ってて迫力ある仕上がり。
P00_9207
支えが必須なのは少し面倒でしたが。
P00_9188
抱え込む撃ち方なら補助なしでも使えました。
P00_9213
シャアザクはあまり使うイメージがないヒートホーク。ついでに背中にバズーカも装備。
P00_9219
プラモではいつも単色で旧版のザクでも省略気味でしたが今回は色も完全再現。
P00_9238
サイズも少し大きめで迫力十分。
P00_9285
ガンダムと対決。
P00_9369
シールドに被弾。エフェクトはピンは小さいですががっちり固定することが可能でした。
P00_9272
腹パン。
P00_9290
キック。
P00_9349
接近戦。両方エフェクトが豊富なので臨場感あります。
P00_9312
ガンダムにも使える爆破エフェクトは今後も重宝しそう。
P00_9342
シャアザクの足に被弾。シャアザクは被弾するイメージないですが量産型が出た時はこちらも使えそう。
ROBOT魂 シャアザク アニメ レビュー
終わり。以上、ROBOT魂 シャア専用ザク ver. A.N.I.M.E.のレビューでした。

シャアザクはROBOT魂では元々出てなかったのがこれが初ですが今回もver. A.N.I.M.E.ということでガンダムと同じくプロポーションや色など初期のアニメのイメージ通りに仕上がっておりよく出来てました。
可動もあちこち引き出し式になってて見た目のイメージ以上によく動き、武器各種にガンダムの時と同じくエフェクト類も豊富でプレイバリューも非常に高かったです。
次は完成品で出るのがわりと珍しい気がするドムでボリュームもかなりあるようなのでそちらも楽しみです。

ROBOT魂 バーザム改、ネオファム、グライア、ヴィルキス 最終決戦仕様など(魂ウェブ商店)



ROBOT魂 〈SIDE MS〉 MS-06S シャア専用ザク ver. A.N.I.M.E.

ROBOT魂 〈SIDE MS〉 MS-06 量産型ザク ver. A.N.I.M.E.

【特典】ROBOT魂 〈SIDE MS〉 MS-07B グフ ver. A.N.I.M.E.(あみあみ)