メタルビルド アストレイ レッドフレーム レビュー
METAL BUILD ガンダムアストレイレッドフレームのレビューです。
P00_0893P00_0889
全身。フレームや外装など一部は天ミナからの流用。外装がポリカーボネートだったり関節が電解メッキな点なども同じでした。
P00_0517
顔。奇抜な天ミナと違ってこちらはシンプルなガンダム顔。流石メタルビルドだけあり造形は非常にシャープ。
P00_0900P00_0898
目はいつも通りメタリック塗装で額の緑はクリアパーツ。各ラインの塗装なども正確でした。
P00_0520
下からも。なお破損防止の為かアンテナは別パーツになっており差し込みも浅めで手が当たるとすぐ外れます。
P00_0522
各部位など。胴体は天ミナと同じ造形。フレームは赤のメタリック塗装でマーキングもレッドフレーム独自の物に変更。
P00_0528
腰回り。こちらも同様。天ミナ同様フレームの赤は複数の色と電解メッキが使われてるので見栄え良かったです。
P00_0504P00_0508
腕や足。こちらも大部分流用ですが脛から下などは新規。ディテールも多く脚部外装もグレーが加えられてるので密度も高め。
P00_0531
左肩にはジャン屋マークとロウがスプレーで吹いた自分の名前。
P00_0534
足裏もきっちり。
P00_0537
背中。バックパックは通常時は首後ろのパーツでロックがかかる方式に。
P00_0544
また他のレッドフレームの立体物同様フライトユニット取付け用に位置をずらすことが可能。
P00_0546
背中を始め各部のシリンダーギミックも再現。ただ両方赤なのであまり目立たず。
P00_0549
可動はフレームなど共通部分が多いので概ね天ミナと同じですが首周りや背中がすっきりしてるのでかなり動かしやすく。
P00_0551
足首周りもシンプルになりましたが接地性は大体同じ。作りも同じで肩や肘、股関節、脚部フレームなどがダイキャストでした。
P00_0491
オプション。
P00_0488
スタンドもいつものメタルビルドシリーズ共通タイプで本体差し込み時は専用のジョイントを使う方式。
P00_0904
通常の差込タイプの他、今回専用にフライトユニット装着時用の物も付いてました(通常時使うことも可)。
P00_0561P00_0559
ガーベラ・ストレート装備状態。
P00_0565
ガーベラ・ストレートの鞘は左太腿に接続。鞘もメタルビルド独自のアレンジやマーキングが施されてました。
P00_0571
鞘用のジョイントは基部が横に可動する他、鞘を取り外すことも可能で、
P00_0568
鞘の向きを上下逆に出来るようにもなってました。
P00_0555
抜いた状態。こちらは波紋なども再現され柄なども非常にリアル。
P00_0908
RGと同じく柄は取り外し可能で外した部分まできっちり造形。
P00_0573P00_0575
ライフル、シールドも付けてフル装備。
P00_0580
ビームライフル。
P00_0582
フォアグリップは可動式。後部のピンはフライトユニット接続用。
P00_0585
シールド。こちらもモールドなどディテールが加えられ中央にはマーキング。
P00_0586
裏側。ジョイントは3か所可動しシールド接続部はBJ。
P00_0589
ジョイントはスライドする他グリップも起こすことが可能。
P00_0591
覗き穴の開閉ギミックも再現。
P00_0596
ゴールドフレーム 天ミナと。結構共通部分は多いですが頭部やシルエットが大きく異なり色も全く違うので雰囲気は別物。
P00_0601
バックパックを外した状態で後ろ。天ミナはヒールなのでサイズも違ってました。
P00_0623
適当に何枚か。
P00_0624
抜刀。鞘に添える為の手首もあるのでこういった姿勢も自然に。ダイキャストなので足を大きく開いても安定。
P00_0647
構え。両手持ちも可。天ミナと違って首周りや背中がすっきりしてるのでそちらより動かすのも楽。
P00_0658
突撃。ガーベラ用の持ち手が角度付きしかないので動きによっては両手持ちさせにくかったです。
P00_0681
大上段は余裕で再現可能。
P00_0683
ただ肩は若干スイングする程度で引き出しはないので完全に両腕を伸ばしたままでの斬り下ろしは難しかったです。
P00_0694
膝立ちは股関節に引き出しなどがないのでちょっと窮屈ですが一応は可能でした。
P00_0702
腰の回転は30度程度。格闘メインの機体なのでこれはちょっと残念。
P00_0717
ライフルとシールド装備。
P00_0733
ライフルはあまり使わないイメージですがこちらもオリジナルのディテールが入っててなかなかの格好良さ。
P00_0741
両手持ちも可。フライトユニットもあるのでこの辺は立ちポーズ中心に。
P00_0767
戸田版アストレイの扉絵ポーズ。
P00_0784
ビームサーベル。こちらもガーベラがあるので印象は薄い武器ですが刃は太めの造形で迫力も十分。
P00_0818
持ち手は柄を奥まで差し込めば一応ガーベラ用を使うことも可。ただ逆は指が広がるのでやめた方が良さそう。
P00_0788
ビーム刃がかなり太めなので単純な見た目の迫力はガーベラより上。
P00_0828
雷エフェクトで光電球。
P00_0835
後ろから。
P00_0860
パワードレッドではないですが全体が見えやすい動きなので赤い一撃も一応。
メタルビルド アストレイ レッドフレーム レビュー
終わり。以上、METAL BUILD ガンダムアストレイレッドフレームのレビューでした。

白部分が塗装ではなくポリカーボネートな点は賛否ありそうですが質感などは特別安っぽいといったことはなく、またオリジナルのグレー塗装やマーキングなども多いので間延びした箇所はなく、フレーム部分もメタリック塗装や電解メッキなど複数の赤が使われておりメタルビルドらしい密度感、高級感のある仕上がりになってました。
関節などは先に出ていた天ミナと同じ作りなので可動も大きくは違わないですが、こちらは首周りや背中などすっきりしたデザインなので干渉も減り動かしやすく、またフライトユニットは別売りですが武装は一通り揃っておりメイン武器のガーベラを始め、それぞれ作りも凝ってるので遊びの面でも概ね不満はなかったです。
ゴールド、レッドフレームと揃ったのでブルーが出るのは確実そうですが、個人的にはメタルビルドはスローペースなのでやはりもっとTV、劇場版などでの主役ガンダムを優先して欲しい所です。

ROBOT魂 フルアーマーガンダムMk-II、RX-78-3 G-3 ガンダム、シャア専用リック・ドムなど(魂ウェブ商店)



METAL BUILD ガンダムアストレイレッドフレーム

METAL BUILD フライト・ユニットオプションセット

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 1/100 ハイレゾリューションモデル ガンダムバルバトス(あみあみ)