P00_9805
千値練 4インチネル スーパーロックマン&カットマンのレビューです。
P00_9778P00_9781
スーパーロックマン。7に登場するロックマンとラッシュが合体した姿。頭部や下半身は流用ですが胴体や腕は新規造形。
P00_9793
顔。ヘルメット、表情パーツ共にノーマルからの流用でヘルメットの色のみ変化。
P00_9789P00_9787
表情は同じですが肌色は以前より若干濃くなってました。
P00_9794
別表情の食いしばり顔。
P00_9796
こちらも以前と同じ。表情は互換性があるので追加で1つくらい増えてれば良かったんですが。
P00_9799
各部位など。スーパーとつくだけありデザインも派手に。ラッシュとの合体形態ということで肩もそれっぽい形に。
P00_9784P00_9785
腕や足。腕は左右非対称で右腕は手首も新規。他はノーマルからの流用でした。
P00_9801
背中。背部パーツに可動部は無く角度などは固定。
P00_9774
オプション。
P00_9776
スタンド一式。こちらは2体分付属。
P00_9808
腕はロックバスターに交換可能。こちらもノーマルからの流用。
P00_9818P00_9819
カットマン。1に出てくる敵キャラ。こちらは頭部、胴体が新規で他はロックマンからの流用。
P00_9832
顔。ロックマン同様イラストを忠実に再現。
P00_9829P00_9827
初期の敵だけありデザインは非常にシンプル。頭部のローリングカッターは取り外し可能。
P00_9841
睨んだ表情の別パーツも付属。
P00_9842
目は通常顔と同じなので実質的には変わってるのは口だけ。
P00_9835
各部位など。体は一応新規ですが前からの見た目はロックマンと変わらず。
P00_9822P00_9823
腕や足。この辺は全て流用で色はオレンジになってました。
P00_9838
背中。胴体でロックマンと違うのは中央グレーの部分のみ。
P00_9845
頭部のカッターを外した状態。持ち手は付かないですが平手に引っ掛けることは可能。
P00_9960P00_9961
またスーパーロックマンの体にカットマンの頭を付け、手首を交換することでスーパーカットマンにすることも可能でした。
P00_9814
ノーマルロックマンと3体並べた状態。
P00_9850
適当に何枚か。
P00_9999
ノーマルでは胸部左右にも可動部があり腕を内側に曲げられるようになってましたが今回はそちらはなくなってました。
P00_9865
なので肩周りの可動は少し低下してますが腕を内側に曲げる動き以外には影響なかったです。
P00_9883
腕が交換出来る作りになってるのでロケットバスターも再現可能。
P00_9896
接地性などはノーマル同様良好で大きく足を開いてもピッタリ地に足をつけることが。
P00_9901
カットマンは胴体もノーマルロックマンと同じ構造なので可動も全く変わらず。
P00_9903
独特なジャンプの姿勢などもほぼそのまま再現可。
P00_9914
ダッシュ。
P00_9924
ローリングカッターを掴んで、
P00_9936
投擲。
P00_9965
パーツを付け替えてスーパーカットマンに。
P00_9971
頭部、胴体は似た系統の色ですが微妙に色味は違うので多少違和感はあります。
P00_9979
この状態だとパーツが余りまくるのでこちらで飾ることは無さそう。
P00_9943
ロックマンと対決。
P00_9957
ゲームのドット絵に比べると頭身などリアルですがなかなか雰囲気は出る感じに。
P00_9987
終わり。以上、千値練 4インチネル スーパーロックマン&カットマンのレビューでした。

個人的にはカットマンが特に欲しかったので出来ればセットではなく個別に販売してくれた方が良かったんですが、2体セットでも比較的安めな価格で、ロックマンの敵キャラの立体物が手に入る珍しい機会だったので購入。
出来の方は2体共ノーマルロックマンの作りを踏襲してるので可動などは申し分なく、カットマンの頭部もイラストのイメージそのままで納得のいく内容になってました。
ロックマンの敵キャラは1作品ごとに出てくる数も多くポンポン出して売れるような物でもないと思うので難しそうですが、ロックマンと並べたりするとかなり雰囲気出るので今後も機会があれば時々出していって欲しいところです。




千値練 4インチネル ロックマンX エックス

ねんどろいど ロックマンX エックス フルアーマー

66アクション ロックマン 10個入りBOX (食玩・仮称)(あみあみ)