フィギュアーツ エルフΣ レビュー
S.H.フィギュアーツ エルフΣのレビューです。
P00_0310P00_0312
全身。プロポーションはストライクインターセプター同様アニメに忠実で質感などもほぼそちらと同じ。
P00_0326
顔。劇中に比べるとフェイス部分が短いように見えてやや微妙。
P00_0323P00_0319
額の玉はクリアパーツ。ただこちらも劇中に比べ色が濃く少し違って見える印象。
P00_0329
各部位など。体型に関しては特に気になる箇所は無し。たた胸部の黒い点は劇中に比べ小さかったです。
P00_0330
腰回り。
P00_0315P00_0316
腕や足。細身なプロポーションはほぼイメージ通り。ただ青い部分の色味はやや紫がかった劇中とは異なる印象でした。
P00_0487
足裏のタイヤはきっちり再現。ただ回転などはせず。
P00_0475
腰左右のパーツの基部はボールジョイント可動。
P00_0334
背中。
P00_0307
オプション。
P00_0480P00_0481
背部ウェポンユニットを装備した状態。
P00_0483
ウェポンユニットの各パーツはそれぞれ前後に可動。個別に取り外したりは不可。
P00_0349
二五式可変装弾銃(ロング)。ギミックなどは特になし。
P00_0350
二五式可変装弾銃。こちらも同様。
P00_0450
サイズはストライクインターセプターとほぼ同じ。
P00_0454
適当に何枚か。
P00_0456
着地。関節などはストライクインターセプターとほぼ同じですがこちらは肩周りの干渉が少ないので可動域は拡大。
P00_0459
また肩は若干引き出せるので武器の両手持ちなども可能でした。
P00_0471
股関節周りは干渉が多いですが、引き出し式で周りのパーツも可動するので特に不自由さを感じることはなかったです。
P00_0416
レーザーセンサー回避ジャンプ。今回はスタンド穴などはなく浮かせる時はクリップを使う他なし。
P00_0424
二五式可変装弾銃を両手に装備。
P00_0436
設定的に矛盾はするものの見た目的にはウェポンユニットも全部付けてた方が見栄えはする印象。
P00_0439
膝立ちは腰左右のパーツが下につくので肩膝が少し浮いた状態になりますが一応それっぽい感じにすることは可能でした。
P00_0497
ストライクインターセプターと同士討ち。
P00_0443
終わり。以上、S.H.フィギュアーツ エルフΣのレビューでした。

フェイス部分や胸の黒い点などちょくちょく気になる所はあるもののプロポーションなどは大体劇中通りで、ウェポンユニットをつけた時の見栄えなども良く見た目に関しては概ね格好良く仕上がってました。
可動も肩周りなどストライクインターセプターより可動域が広がっており腰周りのパーツもボールジョイント可動するおかげで干渉も少なく遊びの面でも特別不満はなかったです。
ただこのボリュームで7千円を越えてるのは内容と釣り合ってない感じだったのでその辺はもうちょい何とかして欲しかったところです。

S.H.Figuarts デッドショット、メフィラス星人、仮面ライダーマッハチェイサー(魂ウェブ商店)



S.H.フィギュアーツ エルフΣ

S.H.フィギュアーツ リュウ

S.H.フィギュアーツ 春麗(あみあみ)