フィギュアーツ ラーメンマン レビュー
S.H.フィギュアーツ ラーメンマン ORIGINAL COLOR EDITIONのレビューです。
P00_5699P00_5700
全身。衣装は闘文字の肩当てをした定番のスタイル。素体はこれまでのキン肉マンシリーズと共通。
P00_5714
顔。再現が微妙に難しそうな髭も上手く作られてて顔立ちも原作のイメージそのまま。
P00_5711P00_5709
ただ横から見ると髭の部分は多少違和感あり。塗装は綺麗で額の中の文字のプリントなども正確。
P00_5716
叫び顔の別頭部。
P00_5717
こちらも口の塗装など綺麗。髪はボールジョイントで頭毎に付け替える方式でした。
P00_5720
焦り顔の別頭部。
P00_5722
左右異なるアイプリや汗などこちらもきっちりとした作り。
P00_5723
またモンゴルマンとしての別頭部も付属。
P00_5726
顔の模様は塗装だけでなく造形されてるので立体感のある仕上がりに。
P00_5731
各部位など。衣装は今の連載でも着用してる定番の物でいつも通り筋肉造形や肌の質感なども良好。
P00_5733
腰回り。
P00_5705P00_5707
腕や足。腕の造形やズボンの皺なども自然。ただ靴のデザイン的に足首は若干違和感のある感じでした。
P00_5738
背中。
P00_5693
オプション。
P00_5744P00_5746
バッファローマン用の肩当てが付属。2000万パワーズの時の姿を再現可能に。
P00_5749
こちらは猛の文字。肩当ては軟質素材のベルトを巻いて取り付ける方式ですがかなりきつめなので注意が必要。
P00_5740
サイズはキン肉マンなど標準体型のキャラと同じ。
P00_5764
適当に何枚か。
P00_5775
構え。素体は共通なので可動もいつもとほぼ変わらず。
P00_5780
蹴り。ラーメンマンは中国拳法主体なだけあって打撃が多いイメージ。
P00_5804
モンゴルマンヘッドに交換。
P00_5813
モンゴルボンバー。股関節は引き出し式なので足首を揃える蹴りなども可。
P00_5823
バッファローマンと一緒に2000万パワーズ。
P00_5833
ロングホーントレイン。
P00_5882
同時発売のネメシスと対決。
P00_5837
キャメルクラッチ。髭は賛否ありそうですが個人的には糸状のパーツくっつけたりよりは今回の仕様の方が良かったです。
P00_5852
レッグラリアート。頭部のバリエーションが豊富なので様々な状況に対応可能。
P00_5873
九龍城落地。
P00_5902
終わり。以上、S.H.フィギュアーツ ラーメンマン ORIGINAL COLOR EDITIONのレビューでした。

キン肉マンシリーズは毎回安定してますが、今回もプロポーションや筋肉造形、肌の質感などほぼ完璧で、立体物では再現が難しそうな髭も概ね自然に仕上がっており良く出来てました。
可動もいつも通り引き出し関節が多用されてて見た目のイメージ以上によく動き、オプションも表情が多彩なおかげで遊びやすく、バッファローマン用の肩当てが付く点なんかも面白かったです。
今回はORIGINAL COLOR EDITIONが先に出ましたが、他のノーマルカラー各種と並べても特に違和感はないのでシリーズを集めてる人ならオススメです。

S.H.Figuarts ストロング・ザ・武道、ドクター・ストレンジ、デッドショット、メフィラス星人など(魂ウェブ商店)



S.H.フィギュアーツ ラーメンマン ORIGINAL COLOR EDITION

S.H.フィギュアーツ ネメシス

S.H.フィギュアーツ バットマン(The Dark Knight)(あみあみ)