figma 天使像 レビュー
figma 天使像のレビューです。
P00_8609P00_8610
全身。子供なのでサイズは小さめ。石膏型の彫刻で質感は落ち着いており、いつも通りシャドーも吹かれてて見栄え良好。
P00_8622
顔。ふっくらした輪郭や目鼻立ちは子供らしく可愛い感じですが瞳はないので少し不気味な所も。
P00_8620P00_8617
瞼や唇などもかなりリアル。髪も細かく造形されてました。
P00_8634
ラッパを吹く時用のふくれっ面の別頭部も付属。
P00_8635
こちらはほっぺたが膨らんでおり怒り顔なんかとしても使用可。
P00_8626
各部位など。子供なので体はかなり小さめ。体型も腹部が膨らんでたり子供らしい物に。
P00_8613P00_8615
腕や足。こちらもかなり短め。関節は少し色が違ってますが実物だとほとんど目立たず。
P00_8628
背中。
P00_8631
翼は基部がジョイント接続で中央部も可動し開いたり閉じたりが可能。
P00_8638
可動は首や腰など通常のfigmaに比べるとスイング幅は狭め。肩は高く上がりますが肘膝も90度程が限界。
P00_8643
股関節周りはいつも通り軟質素材で広く可動。接地性も良好でした。
P00_8605
オプション。
P00_8644
ラッパ。こちらは手首と一体化してるので保持は安定。
P00_8647
弓矢。こちらは手首は別ですが、ぴったりフィットした専用持ち手が付くので保持は安定してました。
P00_8649P00_8650
小便小僧を再現する専用パーツも付属。
P00_8652
水はクリアパーツで動きなどもリアル。
P00_8657
なお今回は珍しい2体一組という仕様に(オプションは1つずつ)。
P00_8662
サイズはこれまでの半分くらい。
P00_8668
適当に何枚か。
P00_8678
2体一組なのでポーズやオプションを変えて飾ればなかなか豪華な雰囲気。
P00_8681
弓矢構え。矢を外したりは無理でした。
P00_8685
ラッパ。きちんと両手で吹かせることが可能。
P00_8691
会話してる感じで。
P00_8712
手繫ぎパーツも付属。
P00_8721
挑発。
P00_8731
バトル。かなり小さな子供の見た目なのでシュールな絵面に。
P00_8735
よそ見しながら小便。
P00_8747
考える人が考えるのを妨害。
P00_8758
水圧を上昇させて更に妨害。エフェクトはSHMゴジラの物を使用。
P00_8694
終わり。以上、figma 天使像のレビューでした。

体型や2個セットになってる点などテーブル美術館シリーズの中でも特に珍しい仕様ですが、リアルさを追求した造形や石膏の質感などはこれまで通りで今回も完成度の高い出来に仕上がってました。
可動は子供体型ということもあり普通のfigmaには少し劣る感じでしたが、普通に遊ぶには十分なレベルでオプションなども凝っており、2個セットになってるので2体組み合わせて遊べたりとプレイバリューもかなり高かったです。
次はムンクの叫びということで、そちらもこれまでにない独特な作りになってるようなので楽しみです。




figma テーブル美術館 天使像

figma テーブル美術館 叫び

figma オーディンスフィア レイヴスラシル グウェンドリン(あみあみ)