P00_0386
スーパーロボット超合金 マジンエンペラーGのレビューです。
P00_0275
全身。マジンカイザーのグレート版といった感じで所々そちらの面影が見えるデザイン。造形塗装の雰囲気はいつも通り。
P00_0276
後ろ。
P00_0293
顔。マジンカイザーに近いですが角が増え頭頂部も刺々しくなり更に迫力の増した面構えに。
P00_0289P00_0285
瞳があるのも特徴。SR超合金シリーズらしく造形は非常にシャープで塗装も正確。
P00_0319
頭部ユニットはいつも通り別パーツ形式。
P00_0297
各部位など。胸のV字は形状が変わりグレートよりシャープに。胴体もディテールが増しフォルムもマッシブに。
P00_0298
腰回り。
P00_0280P00_0281
腕や足。肩は金の割合が多く上品な印象に。前腕、膝から下は青になってるので黒一色だったカイザーより見た目も派手。
P00_0301
背中。
P00_0308
エンペラーオレオールは基部が前後に動く他、マント状のパーツも個別に左右に可動。
P00_0530
エンペラーオレオールを外した状態。説明書には書いてないですがいつも通りクロスオーバ―ジョイントに対応。
P00_0323
可動は首腰共に大きくスイング可能で胸のV字も基部が引き出せBJ可動。肩アーマーも端が開き腕を高く上げることが。
P00_0324
股関節は引き出し可能で肘膝も深く可動。足首も引き出し式ですが引き出しても接地性は低めでした。
P00_0327
肩も引き出し可能。
P00_0270
オプション。
P00_0315
胸部エフェクト。グレートブラスター発射前の状態を再現したエフェクト。パーツ丸ごと交換して使用。
P00_0310
エンペラーソード。メイン武器のこちらも付属。なおエンペラーブレードは付いてなかったです。
P00_0313
買ってすぐは大丈夫ですが後々関節が緩くなる事を考慮してか手首の角度を固定する補助パーツも付いてました。
P00_0306
グレート、カイザーと。サイズは過去最大級でカイザーより更に大きかったです。
P00_0332
適当に何枚か。
P00_0352
パンチ。胸のV字が動くおかげで干渉を避けることが出来、真っ直ぐ腕を突き出すことが可能。
P00_0357
蹴り。腰も一回転出来るので格闘的な動きは全般的に得意でした。
P00_0377
グレートスマッシャーパンチ。
P00_0412
肘の作りもいつも通りなのでダイナミックオプションパーツセットのエフェクトも使用可。
P00_0396
グレートブラスター発射前。
P00_0386
グラデ塗装されたエフェクトが非常に綺麗。
P00_0426
サンダーボルトブレイカー。
P00_0436
別売りの雷エフェクトを使って。
P00_0445
エンペラーソード装備。
P00_0457
肩が前に引き出せるので両手持ちも楽に。
P00_0467
斬り払い。補助パーツも付きますが、とりあえずは無しでの片手持ちも大丈夫でした。
P00_0479
大上段も可。
P00_0488
斬り下ろし。胸のV字が干渉しない作りになってるのでこういった動きも可能に。
P00_0515
終わり。以上、スーパーロボット超合金 マジンエンペラーGのレビューでした。

マント状のエンペラーオレオールなどこれまでのマジンガーに比べるとかなり個性的なので人によって好き嫌いは分かれそうですが、造形はいつも通り非常にシャープで塗装なども良好、サイズも大きく迫力があり出来自体は良かったです。
可動も今の技術での完全新作だけあり引き出し関節など多用されててどこも申し分なく、エンペラーブレードがない点だけ少し惜しかったですが、エンペラーソードにグレートブラスター用のエフェクトまであったりと内容的にも十分でした。
隣に並べると映えそうなマジンガーZEROも5月には発売ということでそちらも楽しみです。

超合金魂 GX-70VS マジンガーZ D.C. 対デビルマンオプションセットなど(魂ウェブ商店)



【特典】超合金魂 GX-73 グレートマジンガー D.C.

スーパーロボット超合金 マジンエンペラーG

スーパーロボット超合金 マジンガーZERO(あみあみ)