メタルビルド F91 レビュー
METAL BUILD ガンダムF91のレビューです。
P00_1383P00_1384
全身。宇宙世紀のMSは初ですがアレンジの雰囲気などはこれまで通り。質感は光沢強めでSEED系に近かったです。
P00_1396
顔。こちらは非変形タイプの頭部。個体差か目の塗装が左右で若干ずれてたのが残念。他の部分の塗装は特に問題なし。
P00_1394P00_1393
顔立ちは概ね劇中のイメージに近いですがマスクのスリットの下は若干長めな印象。
P00_1399
フェイスオープン状態。
P00_1400
こちらは非変形なのでマスク部を差し替え。頬部分のパーツを開き交換する方式でした。
P00_1403
変形タイプの頭部。マスクの分割線がどうしても目立ってしまう印象。
P00_1406P00_1405
個人的にはこちらを使うことはほぼ無さそう。
P00_1412
フェイスオープン状態。閉じてる時ほどではないですが左右に隙間が見えるので非変形に比べるとやはり違和感が。
P00_1410P00_1409
なおマスクは後頭部を持ち上げると開く仕組みになってるのでオープン時は後頭部がせり上がった状態になります。
P00_1729
変形途中で頬パーツを開くとこんな感じに。
P00_1414
各部位など。胸部はかなりアレンジが目立つ部分でスリット内やダクトがエッチングパーツ使用の金になり非常に派手。
P00_1424
少し下から。なお外装は塗装とポリカーボネイトが併用されてました。
P00_1417
腰回り。この辺も適度にアレンジが加えられマーキングも入って精密感がアップ。
P00_1427
サイドアーマー左にはビームサーベル2本を収納。引き出しとBJで動き外装はスライドもするので取り外しは簡単。
P00_1431
右にはビーム発生器。
P00_1388P00_1389
腕や足。肩アーマーは形状が変わりより力強い印象に。前腕はいつも通りロール軸があり前部分が動く構造に。
P00_1746
腕は左右非対称で左にはビームシールド発生器。
P00_1433
肩の放熱フィンは上部、フィンの2段階スライドする方式なので派手に展開することが可能。
P00_1436
フィンは個別に動かすことも可能。
P00_1439
ふくらはぎのフィンも可動。
P00_1441
背中。
P00_1443
腰裏の武器マウントラッチは展開式。
P00_1445
ヴェスバーはレールに沿って前に移動。
P00_1449
砲身を伸ばしグリップを出した状態。他にも砲口や砲身左右、後部フィン、外装部のグリップなど色々な箇所が展開式に。
P00_1451
砲身は左右にも開くようになってました。
P00_1453
可動は首腰など大きくスイングし肩も水平より高く上げることが。肘膝なども深く曲げることが可能。
P00_1454
股関節もクランク型の引き出しで広く動きますが接地性はいまいち。なお今回前屈するとフロントアーマーが下がる仕組みに。
P00_1480
最近の物同様肩ア―マー前部も可動。前腕中央部も若干曲げることが。
P00_1459
肩の引き出し幅は30度程度でした。
P00_1375
オプション。
P00_1377
スタンド一式。台座のプリントはもうちょい凝ってても良かったかも。
P00_1467
最大稼働モードにしてフル装備状態。
P00_1469
後ろ。
P00_1474
ビームライフル。こちらも色々アレンジが加えられ精密な見た目に。フォアグリップは可動式。
P00_1478
リアアーマーにマウント可能。
P00_1475
ビームランチャ―。こちらも色数が多くて精密かつ派手。
P00_1472
こちらもライフル同様マウント可能。
P00_1490
ビームシールド。デスティニーなどと同じくクリアパーツの上から塗装。基部は回転可能。
P00_1491
取付けは発生器ごと交換する方式。
P00_1748
スタンドジョイントはいつもの股間にはめるものの他バックパックに取り付けるタイプの物も付属。
P00_1743
小型MSということを反映してサイズはこれまでのメタルビルド各種に比べると少し小さめ。
P00_1485
MGとも一応。体型のバランスが違ってて全高はかなり差がありますが頭の大きさは大体同じ。
P00_1486
後ろ。
P00_1494
適当に何枚か。
P00_1530
関節はいつも通り合金素材が使わてるのでかなり頑丈。
P00_1532
スタンドもいつもと共通でかなり体勢を傾けたりしても安定した展示が可能でした。
P00_1755
ライフル両手持ちも可。スタンドはバックパック側のジョイントは股間タイプに比べると少し外れやすかったので注意が必要。
P00_1551
ビームシールド展開。こちらもいつも通り綺麗。
P00_1547
ビームシールドを使いつつライフル構え。
P00_1568
ヴェスバー発射。
P00_1596
ヴェスバー用の角度付きの持ち手が付くのでグリップも握らせやすかったです。
P00_1607
ヴェスバーとライフル同時撃ち。ヴェスバーは保持しなくても角度の維持が可能でした。
P00_1622
ビームサーベル。
P00_1633
今回はサーベル用の角度付き手首はなかったですが手首回りがよく動くので特に問題なし。
P00_1641
肩部フィンを展開してビームランチャ―も装備。
P00_1738
フェイスオープン。グリップが可動するので構えさせるのも楽。
P00_1678
ランチャーが大きいので同時にヴェスバーも展開させればかなり派手なシルエットに。
P00_1686
こちらの状態でもヴェスバー。
P00_1697
ヴェスバー後部が干渉するので劇中のヴェスバーを展開しつつランチャーをマウントする状態は少しやりにくかったです。
P00_1695
腰を回すと干渉が避けやすい感じに。
P00_1711
傾いた姿勢でビームランチャー。
P00_1717
終わり。以上、METAL BUILD ガンダムF91のレビューでした。

メタルビルドでは初の宇宙世紀のMSでしたが、アレンジの雰囲気などはこれまでと変わりなく、ディテールやマーキングなども精密で、外装は一部ポリカーボネートでしたが質感の安っぽさは無く見た目は非常に格好良く仕上がってました。
可動面は接地性のみいまいちでしたが他はいつも通り引き出し関節などが多用されてるのでよく動き、強度も十分、ギミック面も個人的には変形頭部はやや微妙でしたが、非変形があるので問題はなくヴェスバーの展開なども凝ってて特に不満はなかったです。
宇宙世紀のMSはメタルコンポジットがあるから出ないのかと思ってましたが別にそういうわけではないようなので、Zやνなどそちらのシリーズで出なかった人気機体なんかも出していって欲しいところです。

【2次:2017年10月発送】METAL BUILD タクティカルアームズIIL&タイガーピアス オプションセットなど(魂ウェブ商店)



METAL BUILD ガンダムF91

METAL BUILD ダブルオーガンダムセブンソード/G

METAL ROBOT魂 〈SIDE MS〉 ダブルオーライザー+GNソードIII(あみあみ)