DX超合金 VF-31F メッサー機 レビュー
DX超合金 VF-31Fジークフリード(メッサー・イーレフェルト機)のレビューです。
P00_6453
ファイター形態。頭部以外の造形はハヤテ機と同じなので形はほぼ変わらず。
P00_6454
カラーリングは主にハヤテ機で青だった部分が黒になり死神マークがプリント。
P00_6458
裏側。ランディングギアなどのギミックも変わりなし。
P00_6460
機首部分。キャノピーの色は共通で中が透けて見える点も同じ。
P00_6464
中にはパイロットスーツのメッサー。
P00_6466
複座に出来るギミックも共通で今回はカナメフィギュアが付属。
P00_6469
機体中央には死神マーク。塗装やマーキングなどは正確ですがマークの角度は若干ずれ気味。
P00_6471
ドローンコンテナハッチが開くギミックも同じ。
P00_6473
マーキングはハヤテ機とは異なるものに。
P00_6478
脚部ノズル。
P00_6480
エアインテークのギミックなども変わらず。
P00_6448
オプション。
P00_6449
スタンド類各種。
P00_6482
スタンドで浮かせた状態。
P00_6521P00_6523
ガウォーク形態。変形手順なども同じですがハヤテ機で硬すぎだった肩は丁度良いくらいになってました。
P00_6528
両腕のミニガンポッドのギミックなども変わりなし。
P00_6529
ガンポッドも同じくコンテナから外して手持ち可。
P00_6533
アサルトナイフ。
P00_6534
スタンドで浮かせた状態。
P00_6582P00_6584
バトロイド形態。頭部は新規造形なのでこの形態だとだいぶ変わった印象に。
P00_6597
顔。ハヤテ機とは全く異なるデザインで目の部分はバイザーではなくなり機銃も左右に付く形に。
P00_6594P00_6592
目の部分はクリアパーツ。アンテナ、機銃はそれぞれ予備が付いてました。
P00_6601
各部位など。体の造形は変わりなし。ハヤテ機で青だった部分が黒になってるのでそちらより落ち着いた雰囲気に。
P00_6604
腰回り。
P00_6588P00_6589
腕や足。股関節や膝は今回もクリック関節なので安定性もしっかりしてました。
P00_6610
肩のマーキングは左右非対称。
P00_6607
背中。
P00_6615
ハヤテ機と。並べるとやはり頭部の違いが目立つ印象。
P00_6488
適当に何枚か。
P00_6501
ファイター形態から。
P00_6508
スタンドはハヤテ機やドラケンと同じでジョイント部がクリアパーツ。
P00_6540
ガウォークに変形。
P00_6560
ドラケンの後だと説明書の変形手順がかなりシンプルに見える印象。
P00_6563
いつも通り脚部はハの字に開くことが出来、関節もクリック式なので自立も安定。
P00_6688
バトロイドに変形。
P00_6651
メッサーが乗ってる時はほぼファイター形態の印象ですが、ハヤテが乗ってからは暴走時などこちらも結構出てくるように。
P00_6667
ミニガンポッドは展開する時主翼と擦れやすいので注意が必要。
P00_6675
今回も腰が捻れるので動きの幅も広め。
P00_6718
アサルトナイフ。こちらも変わらず。
P00_6712
後ろから。
P00_6702
終わり。以上、DX超合金 VF-31Fジークフリード(メッサー・イーレフェルト機)のレビューでした。

頭部の造形とカラーリング以外はハヤテ機と共通なので可動や変形ギミックなど基本的な出来はそちらと変わらず。
新規造形の頭部もアンテナや機銃など非常にシャープで見栄え良く、モノトーン主体のカラーリングもハヤテ機とはまた違った魅力があって格好良かったです。
ジークフリードはミラージュ機も決まってアラド機まではほぼ出そうですが、敵側の他のドラケンなんかはどこまで出るのかも気になるところです。

DX超合金 VF-31Fジークフリード(メッサー・イーレフェルト機)用スーパーパーツセットなど(魂ウェブ商店)



DX超合金 VF-31Fジークフリード(メッサー・イーレフェルト機)

DX超合金 VF-31Cジークフリード(ミラージュ・ファリーナ・ジーナス機)

HI-METAL R MBR-07-MKII デストロイド・スパルタン(あみあみ)