フィギュアーツ アクセル 真骨頂 レビュー
S.H.フィギュアーツ (真骨彫製法) 仮面ライダーアクセルのレビューです。
P00_4456P00_4459
全身。これまでの真骨頂と同じく体型など劇中にかなり近い造形に。赤の色味は若干濃いめな印象。
P00_4472
顔。以前はバイザーのクリアパーツが濃くて内側の透けがいまいちでしたが今回はほぼ劇中そのまま。
P00_4471P00_4466
また以前は体に比べ頭のサイズが大きかったですが今回は自然なバランスになってました。
P00_4474
発光状態を再現した別頭部も付属。
P00_4478
こちらだと内側のディテールが更にくっきり。
P00_4479
各部位など。プロポーションも改善され以前よりスーツっぽさがリアルに。
P00_4482
腰回り。ベルトのディテールも精密でメモリは今回も着脱可能。なおバックル自体も取り外し可能ですがハンドルなどは固定。
P00_4462P00_4463
腕や足。四肢のバランスもより自然になり脚部ディテールの造形なども精密でした。なお脛横のタイヤは今回は固定。
P00_4483
背中。こちらのタイヤは回転可能。
P00_4450
オプション。
P00_4487
エンジンブレード。こちらも造形塗装共に以前より良くなってました。
P00_4489
また今回はメモリの装填ギミックも再現。
P00_4494
メモリはエンジンメモリと、
P00_4495
ベルトのアクセルメモリの2種が付属。
P00_4501
以前のアクセルと。並べてみるとリアルさが格段に増してる印象。
P00_4505
同じ真骨頂Wと並べた時の見た目も自然。
P00_4507
適当に何枚か。
P00_4523
関節などはこれまでの真骨頂とほぼ同じなので可動も概ね変わりなし。
P00_4530
肩は少し変わったデザインですが肩アーマーが腕側にあるので特に干渉は無かったです。
P00_4535
ただ肩に引き出しはなく胸が出っ張った造形なので腕を内側に曲げる動きは苦手でした。
P00_4639
エースラッシャー。襟部の干渉があるので正面向き以外で俯くのは不可。
P00_4553
メモリ保持用の手首も付属。
P00_4571
炎エフェクトを使いつつ斬撃。腰はしっかり回り接地性も良好。
P00_4580
アクセルマキシマムドライブ。
P00_4603
ジャンプ。
P00_4631
アクセルグランツァー。
P00_4645
Wと一緒に。
P00_4667
ウェザードーパントと対決。
P00_4678
2対1で。
P00_4687
なお今回はベルトのスロットとメモリのサイズも改良され逆さにしても外れるようなことはなかったです。
P00_4694
終わり。以上、S.H.フィギュアーツ (真骨彫製法) 仮面ライダーアクセルのレビューでした。

これまでの真骨頂と同じくスーツの造形がかなり劇中に近い形になっており、旧版ではバランスがおかしかった体型やバイザーの透け具合なども改善され非常に完成度の高い出来に仕上がってました。
関節も他の真骨頂とほぼ同じなので可動も良好で、メモリの着脱も出来るようになってるなどギミック面も申し分なかったです。
Wは他に比べ優遇されてるのかアクセルだけでなくスカルやエターナルなども出るようなのでそちらにも期待です。

S.H.Figuarts 仮面ライダーエグゼイド ダブルアクションゲーマー レベルXX LRセットなど(魂ウェブ商店)



S.H.フィギュアーツ (真骨彫製法) 仮面ライダーアクセル

S.H.フィギュアーツ (真骨彫製法) 仮面ライダースカル

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアマゾンネオ(あみあみ)