figma ヨシヒコ レビュー
figma ヨシヒコのレビューです。
P00_4721P00_4723
全身。一目でわかるDQ5主人公をパロった衣装。最近の実写系figmaらしい本格的な作りでマントも布で再現。
P00_4733
顔。山田孝之本人も協力してるというだけあり再現度は非常に高く塗装も3D彩色なので非常にリアル。
P00_4731P00_4730
顎のラインや顔のちょっとした皺、皮膚感なんかも精巧に作られてました。
P00_4735
別表情の叫び顔。
P00_4737
こちらもこういう表情特有の濃い皺がリアルに表現され、口の中の塗装も綺麗。
P00_4741
各部位など。衣装もデフォルメされたりはせず精密な造形で陰影などの塗装も丁寧。
P00_4742
腰回り。左側の道具袋は接着されてました。
P00_4726P00_4727
腕や足。腕のフォルムなども自然でブーツもしっかりとした作り込み。手首の装飾などもきっちり。
P00_4745
背中。
P00_4710
オプション。
P00_4765
台紙はちょっとしたペーパークラフトに。
P00_4750
3Dメガネ。こちらは帽子の溝につるの先端を固定してかけさせる方式。
P00_4752
レンズはクリアパーツですが青の方は濃いのであまり透けなかったです。
P00_4760
いざないの剣。持たせる時は柄の端を一旦外す方式。
P00_4762
鞘も付属。柄の部分は取り外し可能。
P00_4755
キラーコアラ。雑なぬいぐるみの敵キャラだったこちらも付属。
P00_4757
後ろ。
P00_4715P00_4716
マントを外した状態も一応。なお帽子は取り外し不可。
P00_4746
適当な物と。サイズはfigmaの男キャラの平均くらいでした。
P00_4766
適当に何枚か。
P00_4785
構え。関節は大体普通のfigmaと同じですが肩は余裕がないので剣の両手持ちはギリギリ。
P00_4796
マントが布製なのでそちらの干渉はないですが襟部は硬いので首に干渉し、また腕を真上に上げるような動きも無理でした。
P00_4797
ダッシュ。裾部分も軟質素材ではあるものの開いたりはしないので股関節周りの動きもかなり制限。
P00_4827
真正面を突くような動きなら両手持ち可能。叫び顔もあるのでアクションポーズは様になる感じ。
P00_4887
鞘の絵は外せるので抜刀ポーズも可。
P00_4833
3Dメガネ。
P00_4835
色移りするかもしれないので長時間かけっぱなしにするのはやめた方が良さそう。
P00_4850
キラーコアラと戦闘。
P00_4859
敗北。
P00_4880
終わり。以上、figma ヨシヒコのレビューでした。

実写系のfigmaはだいぶ前のレオニダス以来ですが、今回も頭部の精密な造形や3D彩色によって小さいサイズながらかなり山田孝之本人に似た仕上がりになっており、衣装も一部に布を使うなど凝った作りで見た目に関しては非常によく出来てました。
可動はマントが布製なのでそこの干渉はなかったものの、襟や裾は干渉するので全体で見ると動きが制限される箇所は多く、また肩もすっぽ抜けやすかったりで派手に動かして遊ぶのにはあまり向いてなかったです。
ただ個人的には顔の再現度が非常に高く素立ちで飾るだけでも十分満足のいく出来だったので、ドラマや山田孝之ファンの人にはかなりオススメです。




figma 勇者ヨシヒコと導かれし七人 ヨシヒコ

figma 究極!!変態仮面 変態仮面

figma デッドプール DX ver.