P00_4937
S.H.フィギュアーツ パドメ・アミダラ(ATTACK OF THE CLONES)のレビューです。
P00_4894P00_4895
全身。アナキンなどと同じくEP2での衣装。スターウォーズのSHFでは初のデジタル彩色が使われた女性キャラ。
P00_4911
顔。デジタル彩色が使われてるのでこのサイズの人間のフィギュアとしては非常にリアルですが再現度はそこそこ。
P00_4908P00_4905
実際の役者より若干アジア人っぽくなってる印象。ほくろなんかはきっちり再現されてました。
P00_4914
睨み顔の別頭部も付属。
P00_4915
一応アクション向けの表情っぽいですがこちらも個人的にはちょっと微妙。
P00_4920
各部位など。衣装はEP2後半の物なのであちこち破れた状態。布地の質感など自然で腹部の造形もリアルでした。
P00_4924
腰回り。
P00_4900P00_4903
腕や足。右腕は剥き出しの状態。脚部の細かいしわやブーツのディテールなどよく出来てました。
P00_4926
背中。怪獣の爪で破かれた跡もきっちり。
P00_5031
可動はかなり優秀で首腰共に広くスイングし肩も高く上げることが。肘膝も深く可動。
P00_5033
股関節周りも軟質素材なので柔軟に可動。ただ接地性だけはいまいちでした。
P00_4889
オプション。
P00_4931
ブラスター。こちらはグリップ部分を一旦外して持たせる方式。
P00_4929
アナキン、オビワンと。サイズは女性キャラらしく少し小さめ。
P00_4937
適当に何枚か。
P00_4944
可動は接地性以外良好なのでブラスターを構える動きなど劇中のものは大体再現可能。
P00_4947
関節も上手く処理されてるので見た目の不自然さも無し。
P00_4955
素立ち時の体のフォルムも綺麗。
P00_4961
ダッシュ。
P00_4972
落下。
P00_5020
クローントルーパーと。
P00_4989
アナキンと。
P00_5002
バトルドロイドと対決。
P00_5015
終わり。以上、S.H.フィギュアーツ パドメ・アミダラ(ATTACK OF THE CLONES)のレビューでした。

女性キャラは難しいのか顔の再現度は男性より少し劣る印象でしたが、デジタル彩色のおかげで人の顔としては非常にリアルで、体のフォルムなども自然で全体の出来は概ね良かったです。
可動も接地性だけやや微妙でしたが他は良好で、劇中のブラスターを構える動きなどほぼそのまま再現することが出来るので、他のキャラとも違和感なくディスプレイすることが可能でした。
スターウォーズのSHFはC3POやR2D2、クワイガンなど一般限定交えてまだ色々続くようですが、そろそろEP7のレイやフィンなんかも出して欲しいところです。

S.H.Figuartsスター・ロード、ロケット&ベビー・グルート(ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス)など(魂ウェブ商店)



S.H.フィギュアーツ R2-D2(A NEW HOPE)

S.H.フィギュアーツ C-3PO(A NEW HOPE)

S.H.フィギュアーツ バットマン(The Dark Knight)(あみあみ)