P00_8041
figma 斧乃木余接のレビューです。
P00_7974P00_7978
全身。子供キャラなのでサイズは小さめ。スカートが硬質で腕が広がるので素立ち時の見栄えはいまいち。
P00_7993
顔。物語シリーズのfigmaはこれまでもかなり数が出てることもあって出来は安定。
P00_7990P00_7987
アイプリなどもアニメそのまま。髪もシャープで帽子のデザインも上手く再現されてました。
P00_7997
別表情のキメ顔。
P00_7998
公式ではキメ顔となってますがほぼ通常顔のまま口が開いてるだけといった感じの表情。
P00_8003
別表情のジト目顔。
P00_8005
暦を見下す時などに使える表情。出来はこちらも問題なし。
P00_7995
帽子は取り外し可能。
P00_8008
各部位など。衣装の再現度も高くふっくらした感じの生地やフリルなども自然に再現。
P00_8009
腰回り。
P00_7980P00_7981
腕や足。子供キャラなので手足も少し短め。タイツの塗装なども正確。
P00_8012
背中。
P00_8014
劇中阿良々木さんがフィギュア化する時パンツを再現するのが大変みたいに言ってましたがスカートの中はタイツでした。
P00_7969
オプション。
P00_8022
食べかけアイス。手首と一体化してるので保持は安定。
P00_8026
アンリミテッドルールブック再現用腕パーツ。こちらは前腕ごと交換して使用。
P00_8021
忍、暦と。体格差なども大体再現されてました。
P00_8032
適当に何枚か。
P00_8055
可動はスカートが硬質なので股関節周りは制限がありますが他は通常のfigmaと概ね変わりなし。
P00_8061
表情3種に手首の種類も豊富なのでディスプレイの幅は広め。
P00_8078
劇中やってた謎ポーズの数々は再現不可能な物が多いですが大雑把な動きの物なら可。
P00_8073
膝立ちなんかもギリギリ可能でした。
P00_8089
アイスを持たせて。
P00_8094
手首と一体化してるおかげでポロリのストレスなども無し。
P00_8163
アンリミテッドルールブック。
P00_8153
こちらは腕と一体化してるおかげで手首が負けるという問題もなかったです。
P00_8140
いえーい。暦が出たのはもう6年も前なのでかなり息の長いシリーズ。
P00_8129
アンリミテッドルールブックで高速移動。
P00_8116
終わり。figma 斧乃木余接のレビューでした。

1つ前の忍から考えてもかなり久々となる物語シリーズのfigmaですが、顔の再現度などはいつも通り申し分なく、衣装のディテールやサイズ感などもイメージ通りでよく出来てました。
可動はスカートが硬質なので股関節周りに制限があったり、素立ち時に腕が広がってしまうなどの難点はあったものの、他の部分はよく動き、表情3種にオプションも使い勝手の良い作りで個人的には特に大きな不満はなかったです。
figmaの物語シリーズのキャラはメイン級の物は大体出ましたが、忍野扇やキスショットなどまだ出てもおかしくないようなキャラも残ってはいるので今後も続くのかどうかも気になるところです。




figma 憑物語 斧乃木余接

figma ラブライブ!サンシャイン!! 渡辺曜

figma テーブル美術館 写楽作 三代目大谷鬼次の奴江戸兵衛(あみあみ)