P00_1309
ネクスエッジスタイル ガンダムエクシアのレビューです。
P00_1211P00_1213
全身。プロポーションのバランスは最近の物と同じ。塗装の省略は腕のレンズなど一部ありますがパッと見は目立たず。
P00_1229
顔。いつも通りデフォルメながら目つきなど鋭く格好良い顔立ちでアンテナもシャープ。
P00_1224P00_1223
ただマスク部分のグレーが省略されてた点は惜しかったです。
P00_1231
各部位など。胴体に関しては省略はほぼ無し。塗装はやや粗いですが色はきっちり再現。
P00_1216P00_1217
腕や足。肩が小さく前腕が太いのが特徴。腕部のレンズの色は省略されてましたが脚部の方はメタリック塗装で再現。
P00_1233
背中。いつも通り背部は省略が多め。
P00_1208
オプション。他にシリーズ共通のスタンドも付属。
P00_1241P00_1242
フル装備状態。
P00_1245
GNソードライフルモード。今回はグリップと手首が一体化してるという独特な作りに。
P00_1248
差し替えなしでソードモードに切り替え可能。
P00_1252
シールド。
P00_1258
GNロングブレイド。
P00_1259
GNショートブレイド。通常時は専用のパーツで太腿横に装備。
P00_1235
またGNブレイド2本を立てて飾れる武器用スタンドも付属。
P00_1239
付属の支柱と組み合わせればGNビームダガーを投擲状態で展示することも可能。
P00_1270
また後頭部と背部を専用のクリアパーツに差し替え、
P00_1264
背面からライトを当てることで各部が発光したイメージで飾れるようにもなってました。
P00_1254
ダブルオーライザーと並べるとデフォルメのバランスや色味、質感など違ってて統一感はいまいち。
P00_1255
比較的最近のクアンタとならそれほど違和感はなかったです。
P00_1280
適当に何枚か。
P00_1286
関節などはこれまでと同じなので可動も特に変わらず。
P00_1291
フロントアーマーは基部が可動しパーツも柔らかいので足はしっかり上げることが可能でした。
P00_1302
肩周りもよく動きますが肩アーマーが少し緩かった点は残念。
P00_1309
ビームダガー投擲。ネクスエッジは初期は極力オプションを減らす方向性でしたが最近はかなり凝ってる感じに。
P00_1313
GNブレイド装備。
P00_1327
腰はしっかり回りますが頭は動きによっては胸のアンテナと干渉。
P00_1338
スタンド穴は股間だけじゃなく腰裏にもあるので足を閉じたまま浮かせることが可能。
P00_1355
終わり。以上、ネクスエッジスタイル ガンダムエクシアのレビューでした。

いつも通りデフォルメながらオリジナルのモールドなど精密感のある造形で、塗装もマスク部分のグレーが省略されてた点は惜しかったものの、他は特に問題なくなかなかの格好良さに仕上がってました。
可動も干渉しやすい腰アーマーなど配慮された作りになってるのでどこもよく動き、オプションも基本の武装に加え、ネクスエッジ独自の武器スタンドなども付くので遊びの幅も広かったです。
ネクスエッジはこれまでROBOT魂など他のシリーズでも既に出てる有名機体中心でしたが、今度はかなり珍しいファントムガンダムが出たり、出来自体も昔よりだいぶ良くなってきてるように思えるので今後の展開にも期待です。

METAL ROBOT魂 騎士ガンダム(リアルタイプVer.)、ROBOT魂 〈SIDE AB〉 ズワウス【3次】など(魂ウェブ商店)



NXEDGE STYLE [MS UNIT] ガンダムエクシア

NXEDGE STYLE [MS UNIT] パーフェクトストライクガンダム

NXEDGE STYLE [MS UNIT] ファントムガンダム(あみあみ)