超像可動 ジャイロ 限定版 レビュー
超像可動 ジャイロ・ツェペリ 限定版のレビューです。
P00_1842P00_1849
全身。造形に関してはこれまでと同じですが、塗装の形式が変わり肌やズボンが成型色中心になったので質感がいまいち。
P00_1689
顔。序盤の頃の表紙などを再現してるっぽいですが瞳にハイライトがなく若干ずれてもいるので表情が虚ろ。
P00_1685P00_1683
また肌は少しテカリがありプライズのような質感に。帽子はボールジョイント接続で若干角度を変えることが可能でした。
P00_1691
叫び顔の別頭部も付属。
P00_1692
こちらは瞳のずれがなかったので通常顔よりマシな感じに。なおこのサイズなので歯のディテールは再現されてなかったです。
P00_1696
各部位など。上半身はこれまで同様丁寧な塗装が施されておりディテールなども忠実に再現。
P00_1698
腰回り。左右の鉄球は別パーツで取り外し可能。
P00_1679P00_1680
腕や足。腕とズボンは成型色が目立つようになっており過去のシリーズに比べ質感が落ちてたのが残念。
P00_1701
背中。
P00_1705
マントの基部はジョイント可動。
P00_1669
オプション。
P00_1672
台詞プレート。
P00_1712
鉄球はピンのついた専用の平手で保持可能。
P00_1707
手首にはめて使うエフェクトパーツも付属。
P00_1709
馬のことを考えてかサイズは最近の物に比べると小さくなり5部キャラより少し大きめくらいに。
P00_1722
適当に何枚か。
P00_1723
関節はシリーズ共通の物なので可動は最近のジョジョキャラと特に変わりなし。
P00_1866
ただ髪が長く肩と干渉しやすいので首周りだけは少し窮屈でした。
P00_1837
鉄球はピンで接続するのでどんな体勢でもしっかり固定。
P00_1761
投擲。
P00_1742
エフェクトは単純な物ですが角度などが合えば見栄えもまずまず。
P00_1800
figma馬に乗せた状態。握り手はないので手綱をしっかり握ることは出来ず。
P00_1806
スケールは合ってないですがジャイロが少し小さめだったので1部や2部キャラに比べるとまだマシでした。
P00_1816
台詞プレートも使用。原作ではぐちゃぐちゃな場面だったので動きは変えて。
P00_1767
終わり。以上、超像可動 ジャイロ・ツェペリ 限定版のレビューでした。

造形や可動に関してはこれまでと変わらずよく出来てましたが、今回塗装の形式が変わって肌やズボンなど成型色が目立つようになり、過去シリーズに比べ質感が安っぽくなってました。
また顔に関しても原作序盤の塗りを再現してるのか瞳にハイライトがないせいで、これまでのキャラと並べた時に違和感があり見栄えが悪かったです。
昔に比べ値段が上がってるのは仕方ないとしても今回塗装の質が過去作より落ちており、おまけに入手も面倒と悪い部分がかなり目立つ感じだったので今後は色々改善されて欲しいところです。




超像可動BIG スタープラチナ ジョジョの奇妙な冒険 第3部

超像可動 「ジョジョの奇妙な冒険」第4部 80.岸辺露伴Ver.3(あみあみ)