ROBOT魂 ゴッグ レビュー
ROBOT魂 ゴッグ ver. A.N.I.M.E.のレビューです。
P00_2181P00_2183
全身。特別なアレンジなどはなくプロポーションや色などいつも通りアニメに忠実な仕上がり。
P00_2193
顔。ディテールなどがほぼ無い非常にシンプルなデザイン。
P00_2199P00_2196
モノアイはズゴックなどと同じピンクのメタリック塗装で左右と上に可動。
P00_2202
各部位など。首はなくずんぐりむっくりな体型。腹部のメガ粒子砲はモールドなどそこそこ精密な造形に。
P00_2203
腰回り。
P00_2188P00_2190
腕や足。肩や手首、脚部のフォルムなどこの辺はメリハリのある形に。指先の造形もシャープ。
P00_2240
足の裏もきっちり作り込まれてました。
P00_2208
背中。
P00_2210
可動はver. A.N.I.M.E.シリーズらしく良好で、首腰など大きくスイング可能で肩もしっかり上げることが。
P00_2211
見た目のわりに肘膝も深く曲がり、股関節も太腿装甲が別パーツなので柔軟に動き、足首も引き出し式で接地性も良好。
P00_2214
肩も普通のMS同様引き出し式でした。
P00_2177
オプション。
P00_2215
水中航行時の姿を再現する交換用手首。こちらは腕を丸ごと外して付け替え。
P00_2218
またこちらに付属する爆発エフェクトアダプタを使ってシャア専用ザクのエフェクトを付けることが可能。
P00_2219
頭には元々穴があるのでアダプタなしで取り付け可。
P00_2221
平手も同様。
P00_2224
腹部メガ粒子砲発射エフェクト。こちらはそのまま取り付けるだけ。
P00_2228
モノアイ突き刺しサーベルエフェクト。こちらはモノアイパーツと交換。
P00_2231
またガンダム用の武装としてシールドグリップ、
P00_2232
ハイパー・ハンマーも付属。
P00_2235
ハンマーにはガンダム用のエフェクトを取り付け可能。
P00_2236
付属のジョイントを使えばゴッグに持たせることも可能でした。
P00_2243
またいつも通りバーニアなどには互換性があり他のエフェクトが取り付け可能でした。
P00_2246
ただのやられ役だった大口径バルカン重装甲車まで付属。
P00_2247
後ろ。
P00_2250
横から。ザクのマシンガンエフェクトを取り付け可能。
P00_2206
サイズはガンダム、ズゴックと変わらず。
P00_2255
適当に何枚か。
P00_2266
水中航行形態から。エフェクトは全ての箇所に付けようとすると7個必要。
P00_2268
上陸。
P00_2327
接地性が高く足も大きいので少々不安定な体勢でも片足だけ付いてれば概ね安定。
P00_2317
見た目のわりに可動はかなり良いので派手な動きを付けることが可能でした。
P00_2292
メガ粒子砲発射。
P00_2297
エフェクトもアニメに忠実な色形に。
P00_2369
装甲車と。爆破エフェクトはシャアザクの他リアルタイプにも付いてたので2個使えましたが今回も1個は欲しかったかも。
P00_2306
装甲車は可動部はなく完全固定。
P00_2312
蹴りで排除。
P00_2337
ガンダムと対決。バルカンを掌で防御。
P00_2345
ハイパーハンマーもキャッチ。
P00_2352
股関節や腰などがよく動くので引っ張るシーンの動きもほぼそのまま再現可。
P00_2362
水中でモノアイにビームサーベル突き刺し。
P00_2373
終わり。以上、ROBOT魂 ゴッグ ver. A.N.I.M.E.のレビューでした。

ゴッグらしいシンプルなデザインを忠実に再現しつつ、内部には引き出し関節を仕込むことで広い可動範囲も維持するなど、今回もver. A.N.I.M.E.シリーズらしい安定した出来に仕上がってました。
オプションもかなり豊富で本体用の各種エフェクトを始め、ガンダム用のハイパーハンマーに装甲車まで付いたりとゴッグの玩具として内容も完璧なものになってると思います。
次の水泳部はアッガイということでそちらもエフェクトやギミックなど盛り沢山のようなので楽しみです。

METAL ROBOT魂 騎士ガンダム(リアルタイプVer.)、ROBOT魂 〈SIDE AB〉 ズワウス【3次】など(魂ウェブ商店)



ROBOT魂 〈SIDE MS〉MSM-03 ゴッグ ver. A.N.I.M.E.

ROBOT魂 〈SIDE MS〉 MSM-04 アッガイ ver .A.N.I.M.E.

ROBOT魂 -ロボット魂- 〈SIDE MS〉 RX-78-1 プロトタイプガンダム ver. A.N.I.M.E.(あみあみ)