フィギュアーツ スパイダーマン(ホームカミング) レビュー
S.H.フィギュアーツ スパイダーマン(ホームカミング)のレビューです。
P00_2619P00_2622
全身。商品名の通りホームカミング版のスーツでプロポーションや色などそちらに忠実な仕上がり。
P00_2634
顔。スーツなのでデジタル彩色は使われてないですがマスクの上から分かる骨格など造形は非常にリアル。
P00_2631P00_2630
目やスーツの模様の塗装なども丁寧。
P00_2636
目のパーツは交換可能で若干目を細めた物と、
P00_2642
かなり細めた物の2タイプが付いてました。なお交換は一旦頭を抜き裏側から付属のパーツで目を外し付け替える方式。
P00_2646
各部位など。スーツの網目はかなり精密で薄い線以外は造形もされてるので立体感もあり見栄え良好。
P00_2647
腰回り。
P00_2626P00_2627
腕や足。プロポーションは映画のイメージ通りかなり細身。太腿やふくらはぎの筋肉造形なども自然。
P00_2667
背中。中央のカバーは取り外せばスタンド穴に。
P00_2672
可動はかなり良く首腰共に大きくスイング可能で肩も高く上がり肘膝も深く曲げることが。
P00_2673
股関節は多段構造になっており引き出し無しで前後横に広く可動。接地性も高く、また肩も大きく引き出し可能でした。
P00_2614
オプション。
P00_2659P00_2661
バッグ。こちらは背中のスタンド穴に差して使用。紐は片側が外せるので取り付けも楽。
P00_2664
こちらもしわなど細かく立体感のある造形。
P00_2651
スマートフォン。専用の持ち手も付属。
P00_2652
ウェブ(発射用 短)。こちらは手首関節に挟んで使用。
P00_2654
ウェブ(発射用 長)。こちらも同じ。
P00_2656
ウェブ(握り手用)。こちらは持たせて使う形式。
P00_2668
リボルテック、figmaのスパイダーマンと。登場作品は別々ですが体のバランスが一番自然なのは今回。
P00_2789
アイアンマンマーク46と並べるとかなり小柄。
P00_2685
適当に何枚か。
P00_2689
本体、小物類共に造形が精密なので小さいサイズでもかなりリアルな見た目に。
P00_2783
目のパーツを変えることで表情を付けられるギミックも面白かったです。
P00_2711
可動は前述の通りかなり良好なのでしゃがみポーズなども違和感なく再現可能。
P00_2778
背中にスタンド穴があるので浮かせるのも楽でした。
P00_2768
ウェブの種類も豊富で動きなどに合わせて選ぶことが可能。
P00_2720
体の曲線的なフォルムなども自然。
P00_2787
股関節、足首などが柔軟なのでよく見る建物にくっついたポーズなども問題なし。
P00_2730
逆さ吊り。
P00_2741
スパイダーマンは何回もリメイクされてますが今回のは何作くらい続くのかも気になるところ。
P00_2752
終わり。以上、S.H.フィギュアーツ スパイダーマン(ホームカミング)のレビューでした。

デジタル彩色の素顔ヘッドがない点だけちょっと惜しかったですが、スーツのプロポーションや網目、模様などの精密な造形塗装などは素晴らしく、非常にリアルな見た目に仕上がってました。
可動もスパイダーマンの動きに配慮した関節構造になってるので、しゃがみや浮遊ポーズなども様になる感じで、オプションも交換用の目やウェブ、小物類など種類も多く遊びの幅も広かったです。
映画公開とタイミング的にもぴったりなのでそちらを見て気に入った人なんかにもオススメです。

S.H.Figuarts スパイダーマン(ホームカミング) ホームメイドスーツver. & アイアンマン マーク47など(魂ウェブ商店)



S.H.フィギュアーツ スパイダーマン(ホームカミング)

S.H.フィギュアーツ ワンダーウーマン (JUSTICE LEAGUE)

S.H.フィギュアーツ バットマン(JUSTICE LEAGUE)(あみあみ)