P00_8538
METAL BUILD ガンダムアストレイ レッドフレーム改のレビューです。
P00_8447P00_8451
全身。造形は共通で一部の塗装とマーキングが変更。
P00_8456
上半身。左肩の改の文字が分かりやすい違い。
P00_8457
下半身。右ひざの上などにも改の文字。
P00_8461
背中。
P00_8444
オプション。
P00_8492
スタンド一式。
P00_8469P00_8470
ライフル、シールド、ガーベラストレートを装備した状態。
P00_8472
ライフル。通常装備はノーマル版と変わりなし。
P00_8474
シールド。
P00_8477
裏側。
P00_8479
ガーベラストレート。
P00_8481
抜いた状態。組み立てなどもノーマル版と変わりなし。
P00_8487P00_8488
作り自体は変わってないのでフライトフォームなどノーマル用の各オプションも装備可能でした。
P00_8495
続いてタクティカルアームズIIL&タイガーピアス オプションセット。
P00_8494
補助スタンドなども数多く付属。中央の丸いパーツは剣先サポート。
P00_8510
今回は立ちポーズ用の短い支柱も付いてました。
P00_8525P00_8524
タクティカルアームズIIL装備状態。こちらはランスフォーム。
P00_8515
名前の通り槍のような長い形状なので補助スタンドを使わないと保持は厳しめ。
P00_8519
色味や質感は本体と共通でディテールも凝ってました。
P00_8512
右太腿にはタイガーピアスを装備し二刀流に。
P00_8513
抜いた状態。組み立てなどはガーベラストレートと変わらず。
P00_8498P00_8499
タクティカルアームズIILと2本の刀は専用の支柱で単独展示も可能。
P00_8503
組み替えれば斜めに飾ることも。
P00_8506
裏側。
P00_8595
アローフォーム。こちらはランスフォームの先端を開き刃の向きを変え中央を折り畳んで完成。ビームエフェクトも付属。
P00_8596
前部内側には可動式のグリップ。
P00_8566
後部のビームトーチ部分にもグリップがあり両手での保持が可能。
P00_8632
フライトフォーム。こちらはアローフォーム後部のビームトーチを外し右手に装備、一部変形させ背中に付けて完成。
P00_8633
後ろ。かなり後ろに突き出た形になるので補助なしでの自立は厳しかったです。
P00_8613
上から。
P00_8618
ビームトーチ。こちらはグリップが薄めでしっかりと保持しにくかった点が残念。
P00_8639P00_8638
デルタフォーム。こちらはアロー時に畳んでいた刃を戻し逆三角の形になるよう整え、フライト時とは角度を変えて背中に装備。
P00_8642
上から。
P00_8645
オリジナルギミックとして刃の部分が展開。
P00_8665P00_8664
マガノイクタチフォーム。こちらは上部の刃を開き、サイドの黒い刃の位置を下に変えるだけ。
P00_8667
上から。
P00_8670
刃は前方にも展開可能。
P00_8685P00_8683
ブイフォーム。一番納まりの良い形態で下部の黒い刃が支えにもなるので自立も安定。
P00_8689
背中。
P00_8707
ワークフォーム。こちらはバックパックの刃を広げた状態にしジョイントを使って右腕に装備。ビームトーチは左手に。
P00_8708
後ろ。
P00_8711
こちらは接続はしっかりしてますが、かなり重量があるので腕を前に出す場合は補助がないと厳しかったです。
P00_8712
反対側。
P00_8485
ノーマルレッドフレームと。成型色が若干暗め、グレーも濃くなって全体的に引き締まった印象になってました。
P00_8826
また腰も以前より20度程深く回るなど関節も一部改善。
P00_8698
適当に何枚か。
P00_8650
ブイやデルタ、マガノイクタチフォーム時は両手が開くので二刀流が可能。
P00_8662
本体とバックの距離に余裕があるので干渉もほぼ無かったです。
P00_8680
マガノイクタチフォームは天ミナと同じような遊び方が可能。
P00_8538
ランスフォーム。
P00_8544
こちらは武器が長いので派手に動かす時は補助スタンドが必須。
P00_8557
ブルーフレームセカンドLのタクティカルアームズ ソードフォームのような形状。
P00_8590
アローフォーム。
P00_8599
こちらもビームエフェクトまで付くというこだわった仕様に。
P00_8722
ワークフォーム。
P00_8734
こちらも片腕で支えるのは厳しく補助が必須。
P00_8742
ビームトーチで射撃。
P00_8630
最後はフライトフォームで終わり。以上、METAL BUILD ガンダムアストレイ レッドフレーム改のレビューでした。

本体に関しては造形は基本的には以前と同じですが、腰関節など一部が改善され、塗装とマーキングが変わりより引き締まった印象になるなど若干グレードアップ。
メインのタクティカルアームズIILはこれまでの他のオプション同様、色や質感など本体と共通なので見た目の違和感もなく、各形態への変形などギミック面も非常に凝ってて面白かったです。
最近はバリエーションやオプションセットが多かったこのシリーズですが、次は久々の完全新作のダブルオークアンタということでそちらも楽しみです。

METAL BUILD GNソードIIブラスター、ROBOT魂 オージ、イングラム3号機など(魂ウェブ商店)



FORMANIA EX サザビー

METAL BUILD ダブルオークアンタ

ROBOT魂 -ロボット魂- 〈SIDE MS〉 RX-78-1 プロトタイプガンダム ver. A.N.I.M.E.(あみあみ)