P00_0982
ROBOT魂TRI グゥエールのレビューです。
P00_0940P00_0941
全身。TRIという低価格帯での新シリーズですが目立った塗装の省略などはなし。ただ質感は金の成型色が安っぽい印象。
P00_0955
顔。第一弾ですが主人公機ではないので特別ヒロイックなイメージはないデザイン。
P00_0951P00_0950
バイザー部分はメタリック塗装。塗り分けなどはどこも正確でした。
P00_0958
各部位など。胴体は結構複雑な色形をしていますが造形もシャープで塗装も問題なし。
P00_0959
腰回り。股間下のマークも塗装できっちり再現。
P00_0945P00_0946
腕や足。ディテールなどもしっかり再現されラインの塗装も正確。ただ手甲の塗装は省略されてました。
P00_0963
背中。
P00_0985
可動は引き出し関節などはないですが概ね良好。首周りは干渉が多くいまいちなものの腰のスイング幅は広く回転も可。
P00_0986
肩鎧はBJ接続なので干渉は少なく肩も高く上がり、肘膝も深く曲がり、股関節周りの動きや接地性なども良かったです。
P00_0936
オプション。
P00_0969P00_0971
剣を装備した状態。
P00_0964
剣。こちらも塗装の省略などはなかったです。ただ序盤使ってた杖は付属せず。
P00_0967
ジョイントを使って連結出来、腰に装備も可能。
P00_1006
また接地状態で本体を支える簡易的なスタンドも付いてました。
P00_0976
適当な物と。サイズは通常シリーズの物と変わりなし。
P00_0982
適当に何枚か。
P00_0990
可動は基本的に良好なので剣の両手持ちも楽に可能。
P00_1018
大上段も問題なし。魂ステージ用のジョイントも付属。
P00_1022
斬り下ろし。肩の引き出しはないので両腕を伸ばしたままでの斬撃などは無理でした。
P00_1028
膝立ちも余裕。杖は省略されてましたが個人的には特に気にならず。
P00_1034
大ジャンプからの、
P00_1062
突き刺し。顎が尖った形状で首周りもあまり余裕がないので俯かせたりは不可。
P00_1066
二刀流。足首の可動はかなり良いので大きく足を開いてもぴたっと接地。
P00_1072
剣は少し大きめですが重量はないので保持に関しても問題なかったです。
P00_1076
1クール中にこちらを改造したグゥエール改、後継機と言った感じのグゥエラリンデなども出てきましたがそちらも出るのかは謎。
P00_1094
終わり。以上、ROBOT魂TRI グゥエールのレビューでした。

低価格で集めやすさを売りにしたROBOT魂TRIという新ブランドということですが、出来に関しては質感が最近の物に比べ少し安っぽかったものの、塗装やオプションが露骨に省略されてるといったことはなく通常シリーズとそこまでは変わりなかったです。
ただ今回のグゥエールは元々武装が少ない機体なので良かったですが、今後価格と付属品などの兼ね合いがどうなっていくのか考えると、個人的にはわざわざ別シリーズ化しなくても良かったような気も。
主役機のイカルガが出たら一気に値段が上がってTRIのコンセプトが崩れそうですが、後半は一番活躍してた機体でギミックなども面白いのでそちらも何とか出して欲しいところです。

ROBOT魂 量産型ゲルググ&C型装備 ver. A.N.I.M.E.、ザク・マインレイヤー ver. A.N.I.M.E.など(魂ウェブ商店)



ROBOT魂TRI 〈SIDE SK〉 グゥエール

ROBOT魂TRI 〈SIDE SK〉 アールカンバー

ROBOT魂 〈SIDE LABOR〉 零式(あみあみ)