P00_4108
ネクスエッジスタイル パーフェクトストライクガンダムのレビューです。
P00_3880P00_3881
全身。いつも通りモールドなど適度にアレンジの入ったデフォルメ。最近の物同様白の質感も良好。
P00_3901
顔。ネクスエッジらしいデフォルメながらも目つきが鋭い顔立ちでアンテナなどもシャープ。
P00_3898P00_3896
ダクトは塗装ではなくパーツ分けされており、塗装部分の塗り分けなども正確で見栄え良かったです。
P00_3904
各部位など。ストライクは元々比較的シンプルなデザインなので色の省略もほぼ無し。
P00_3884P00_3886
腕や足。フレーム部分のグレーは塗装。適度にモールドが入ってて精密感のある見た目に。
P00_3907
背中。
P00_3877
オプション。他にシリーズ共通のスタンドが付属。
P00_3909
アーマーシュナイダー。こちらは塗装されておらず真っ白。
P00_3914
エールストライクへ換装。
P00_3916
後ろ。下半身の関節がしっかりしてるので自立も問題なかったです。
P00_3920
ビームライフル。フォアグリップは可動式。
P00_3922
シールド。
P00_3925
翼の造形なども薄くシャープ。ただ折り畳みギミックなどは無かったです。
P00_3927
下部のスラスターは基部がボールジョイント可動。
P00_3976P00_3975
ソ―ドストライクに換装。
P00_3980
シュベルトゲベールは下に剣先がつかないようリアル頭身の物とは取付け部などが違ってました。
P00_3982
肩や腕部の武装の色は省略気味。またどちらも取り外しや射出ギミックは無し。
P00_3984
シュベルトゲベール用のビームエフェクトは付属。
P00_4016P00_4014
ランチャーストライクに換装。こちらも取り付け方は独自の物に。
P00_4021
こちらはバルカンの色などきっちり再現。
P00_4024
アグニの方はやや省略され気味。アーム数ヵ所とグリップ基部が動くので保持は問題なかったです。
P00_4043
パーフェクトストライクに換装。
P00_4044
エールユニットのパーツを一部付け替え左右に武器を付け、後部パーツをバッテリーに交換し完成。バッテリーは白一色。
P00_4062
適当なSEED系と。出た時期がかなり異なるのでストフリと並べると今回の方が少し大きめ。
P00_3930
適当に何枚か。
P00_3941
関節などは最近の物とほぼ同じなので可動も変わりなし。
P00_3944
肩は若干引き出し可能なので腕を伸ばしたままのライフル両手持ちも可。
P00_3963
サーベルは刃がクリアパーツの物が付属。腰もしっかり回転可能。
P00_3989
ソードに換装。
P00_4007
こちらも両手持ち可。
P00_4029
ランチャーに換装。
P00_4039
肩関節は少し弱めですがこちらなんかはアームで繋がってるのでしっかり構えることが可能でした。
P00_4065
パーフェクトに換装。
P00_4095
この状態だとかなりゴテゴテしますが干渉はそれほどなかったです。
P00_4107
この状態でもソードの両手持ちは可能。
P00_4108
首周りなんかも余裕があるので動きは付けやすかったです。
P00_4139
突き刺し。
P00_4150
終わり。以上、ネクスエッジスタイル パーフェクトストライクガンダムのレビューでした。

武装などに関しては多少色が省略されてる部分はあるもののそれほど目立つ程ではなく、本体の白の質感も良好、プロポーションやモールドなども程よいバランスでなかなかの格好良さに仕上がってました。
可動に関しても肩の引き出しや首に余裕がある構造になってるおかげで申し分なく、ストライカーパックもパーフェクトのみではなく、エール、ソード、ランチャーの3形態再現出来る作りになってる点も良かったです。
値段はこのシリーズにしてはやや高めですが、内容はそれに見合った量になってるのでデフォルメ物が好きな人ならなかなかオススメです。

ROBOT魂 量産型ゲルググ&C型装備 ver. A.N.I.M.E.、ザク・マインレイヤー ver. A.N.I.M.E.など(魂ウェブ商店)



NXEDGE STYLE [MS UNIT] パーフェクトストライクガンダム

NXEDGE STYLE [MS UNIT] Ex-Sガンダム

NXEDGE STYLE [MS UNIT] ファントムガンダム(あみあみ)