P00_4071
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダースナイプ シミュレーションゲーマー レベル50のレビューです。
P00_4032P00_4033
全身。スナイプが艦これの艤装を纏ったような姿。中身の素体も共通で下半身などはほぼそのまま同じ。
P00_4047
顔。フェイス部分はほぼスナイプのままですが頭頂部は帽子を被ったようなデザインに。
P00_4042P00_4040
レベル2ではヒットライドヘアーは可動式でしたが今回は帽子の下に接着されてるので位置は固定。
P00_4051
各部位など。胴体は艦船を模したアーマーで覆われた形に。ディテールは結構細かく塗装も正確。
P00_4052
腰回り。レバーの可動やガシャットの着脱ギミックはいつもと同じ。
P00_4063
左腰にはキメワザスロットホルダー。
P00_4036P00_4037
腕や足。肩や腕には艦これっぽい武装が追加。腕のオーバーブラストキャノンはそのまま手首の軸と接続。
P00_4056
肩の砲塔はそれぞれ基部が回転する他、上側の方は砲身も可動。
P00_4055
背中。
P00_4029
オプション。オーバーブラストキャノンが手首の軸と直接繋がってるので交換用手首は無し。
P00_4103
オーバーブラストキャノン ジョイントパーツ。こちらは腕のキャノンを外して手首の軸に接続。
P00_4106
再度キャノンを左右入れ替えて取り付けることで完成。
P00_4060
レベル2と。上半身は別物ですが中身の見た目は色も含めほぼ変わらず。
P00_4071
適当に何枚か。
P00_4077
素体は共通なので可動についてもほぼ変わらず。
P00_4085
上半身の干渉は多少増してますが、腰はしっかり回り肩周りもよく動くので格闘ポーズも問題なし。
P00_4093
蹴りポーズも可。片足立ちも出来ますが上半身が重いのでレベル2よりバランスはやや不安定。
P00_4126
オーバーブラストキャノン連結。
P00_4140
武装の全てがそうですが砲口の穴が浅く見栄えが悪かったので、ここはもっと深く開けるか黒く塗って欲しかったです。
P00_4153
両腕でガード。劇中のようにぴたっと閉じるのは無理ですが大体は近い感じに。
P00_4159
バンバンクリティカルファイア。キックポーズも特に問題なし。
P00_4172
終わり。以上、S.H.フィギュアーツ 仮面ライダースナイプ シミュレーションゲーマー レベル50のレビューでした。

各部の砲口が浅い点だけはいまいちでしたが他は艦船風の武装の造形塗装などよく出来ており、かなり劇中に近い見た目に仕上がってました。
可動も上半身の干渉は多少増してるもののそれほど影響は無く、レベル2の時同様肩周りなどもよく動くので、オーバーブラストキャノンを構える動きや連結、その他格闘ポーズなども問題なく遊びの面でも大きな不満は無かったです。
エグゼイドのマキシマムやムテキがどうなるのかは謎ですが、パラドクスやレガシーゲーマーは間を置かずに続けて出るのでそちらも楽しみです。





S.H.フィギュアーツ (真骨彫製法) 仮面ライダーW ファングジョーカー

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダービルド ラビットタンクフォーム

S.H.フィギュアーツ ナイトローグ(あみあみ)