P00_8331
HI-METAL R VE-1 エリントシーカーのレビューです。
P00_8181P00_8183
素の状態で全身。頭部や胴体、背部パーツなど一部造形は新規ですが、大部分はこれまでのバルキリーの流用。
P00_8178
オプション。最近の物同様胸部ディテールアップパーツも付属。
P00_8366P00_8367
各種装備を付けた状態。レドームや各種センサーなど早期警戒機らしい独特な見た目に。
P00_8375
顔。機銃なども一切ない非常にシンプルなデザイン。
P00_8371P00_8370
塗り分けなどは丁寧で見栄え良かったです。
P00_8204
各部位など。体の造形は若干の違いはあるもののほぼ他のバルキリーと同じ。
P00_8205
腰回り。メインの成型色は見本よりくすんだ感じの色になってました。
P00_8192P00_8193
腕や足。腕にはセンサーブロック、脚部にはプロペラントタンクを装備。
P00_8209
センサーブロックは左右非対称。左の物は外側のパーツが可動。
P00_8212
背中。レドームは回転可能。
P00_8213
また基部は可動するので角度を変えたりも可。左右のブースターポッド外側の小羽も軸可動。
P00_8280
ガウォーク形態。変形の手順はいつもと同じ。
P00_8281
この状態でもレドームがあるのでシルエットはかなり変化。
P00_8286
複座型なのでパイロットフィギュアも2体分付属。
P00_8273
レドームなど各装備を外した状態。
P00_8275
後ろ。
P00_8323
ファイター形態。こちらも手順は変わらず。
P00_8324
ガウォークでもそうですが装備が多いので一旦外してからの方が変形はやりやすかったです。
P00_8328
横から。
P00_8329
裏側。
P00_8319
こちらも各装備を外した状態でも。
P00_8320
後ろ。
P00_8216
VF-1S ストライクバルキリーと。本体の違いは頭部や胴体など。
P00_8331
適当に何枚か。
P00_8360
早期警戒機という役割的にエリントシーカーはファイター形態が一番しっくりくる印象。
P00_8348
シルエットなども通常のバルキリーとはかなり違ってて新鮮。
P00_8334
スタンドジョイントも専用の物が付属。
P00_8298
ガウォークに変形。
P00_8306
両腕のセンサーブロックはパーツが細く脆そうなので扱いには気を付けた方が良さそう。
P00_8229
バトロイドに変形。
P00_8235
ガンポッドなどを持ってないのでプレイバリューは通常のバルキリーより低め。
P00_8255
関節などの作りは変わってないので可動は他と大差なかったです。
P00_8247
終わり。以上、HI-METAL R VE-1 エリントシーカーのレビューでした。

早期警戒機ということで大きなレドームやセンサーブロックなど独特なデザインですが、各部のバランスなどは良好で、いつも通り各形態それぞれシルエットの崩れなどもなく完成度の高い出来に仕上がってました。
関節などはこれまでと共通なので可動も変わりはなく、変形ギミックもいつも通り安定、手持ち武器などは無いですが新規造形パーツが多いこともあって物足りなさも特に無かったです。
戦闘用の機体ではないのでちょっと地味な感はあるものの、大型レドームなど他にはない独自の格好良さがあるのでなかなかオススメです。

METAL BUILD ガンダムアストレア TYPE-F (GN HEAVY WEAPON SET)など(魂ウェブ商店)



HI-METAL R VE-1 エリントシーカー

HI-METAL R VF-1A スーパーバルキリー(一条輝機)

HI-METAL R テクロイド ブレーダー(あみあみ)