真骨頂 ハイパーカブト レビュー
S.H.フィギュアーツ (真骨彫製法) 仮面ライダーカブト ハイパーフォームのレビューです。
P00_2359P00_2360
全身。素体や一部は通常のカブトと共通ですが頭部や外装などは新規造形で手首の関節も変化。
P00_2374
顔。真骨頂らしい安定した出来で劇中のスーツをそのまま縮小したような見た目に。
P00_2370P00_2369
複眼はいつも通りクリアパーツ。内部のモールドなども非常に精密。
P00_2377
各部位など。体型のバランスもほぼ劇中通りで赤や銀の色味なども同様。
P00_2378
腰回り。ベルトの造形塗装なども精密。
P00_2382
左には取り外し可能なハイパーゼクター。ベルトのレバー可動ギミックはカブトと共通。
P00_2363P00_2364
腕や足。四肢のバランスや肉付きなども真骨頂らしいリアルさ。なお手首は通常カブトと違い普通のボールジョイントに。
P00_2385
背中。
P00_2355
オプション。
P00_2392
パーフェクトゼクター。こちらも旧版に比べ色形など細部まで再現されるようになり精密感がアップ。
P00_2603
付属のザビー、ドレイク、サソードゼクターを取り付け可能。
P00_2604
裏側。鍔の部分は可動式。
P00_2400
グリップも可動式で差し替えなしでガンモードへの変形が可能。またザビーの羽やサソードの尾も可動。
P00_2492
ハイパークロックアップモードにしてウイングを展開した状態。こちらは各部差し替えで再現。
P00_2490
後ろ。ウイングパーツはアイリスメッキで再現。
P00_2495
胸部は左右の装甲を交換。個体差か左側だけやや外れやすかったです。
P00_2500P00_2501
肩はそのまま展開。前腕や脛横は差し替え。
P00_2503
背中もウイングを展開する場合は差し替え。
P00_2509
ウイング基部は角度調節可能。立体感のある造形でアイリスメッキで塗装もされ以前より格段にリアルに。
P00_2511
アイリスメッキは光の加減や見る角度で様々な色に変化。
P00_2388
旧版や真骨頂の通常カブトと。
P00_2408
適当に何枚か。
P00_2417
素体は共通なので可動も通常カブトとほぼ変わりなし。
P00_2422
関節も程よい硬さで安定感もばっちり。
P00_2425
パーフェクトゼクター装備。腰もしっかり回るので剣を振る動きなども問題なし。
P00_2438
手首も普通のボールジョイントになったので扱いやすさも上がってました。
P00_2519
ハイパークロックアップ。
P00_2522
ウイングはPETシートだった以前と異なり立体的な造形になり色もアイリスメッキになったことで見栄えがアップ。
P00_2534
ハイパーライダーキック。
P00_2547
ハイパークロックアップモードでパーフェクトゼクター装備。
P00_2569
斬り払い。
P00_2582
ウイングを展開しつつガンモード。
P00_2599
本体、ウイング、武器の全てが派手。
P00_2463
ダークカブトに容赦のない一撃。
P00_2469
ガタックと一緒に。
P00_2470
ダブルキック。
P00_2446
終わり。以上、S.H.フィギュアーツ (真骨彫製法) 仮面ライダーカブト ハイパーフォームのレビューでした。

いつも通り体型のバランスやスーツの肉付き、各部ディテールの精密感など真骨頂らしい完成度の高さで非常に格好良く仕上がってました。
素体は共通なので可動も通常カブトと変わらず安定しており、ハイパークロックアップ再現パーツやパーフェクトゼクターなどオプションのギミックも豊富で、今回は特にアイリスメッキで表現されたウイングが綺麗で良かったです。
カブトはW同様特に優遇されてる印象で既にキック、パンチホッパーなどメイン以外も結構出ており、多分このままザビーやドレイクなども出ると思うので今後にも期待です。

S.H.Figuarts 仮面ライダービルド ラビットタンクスパークリングフォーム、仮面ライダークローズなど(魂ウェブ商店)



S.H.フィギュアーツ 仮面ライダークローズチャージ

S.H.フィギュアーツ (真骨彫製法) 仮面ライダー新2号

S.H.フィギュアーツ 新サイクロン号(あみあみ)