figma ジャンヌ レビュー
figma ルーラー/ジャンヌ・ダルクのレビューです。
P00_3282P00_3285
全身。プロポーションはアニメやイラストなどのイメージ通り。複雑なデザインの衣装も違和感なく再現されてました。
P00_3299
顔。figmaらしい安定した出来でアイプリなども綺麗。
P00_3294P00_3293
特徴的な頭の飾りも精密に造形されており髪などもシャープ。
P00_3300
別表情の叫び顔。
P00_3302
こちらも口の塗装など丁寧で出来は申し分なし。
P00_3305
別表情の照れ顔。
P00_3307
こちらは可愛さ重視の表情で頬のチークなども自然。
P00_3311
各部位など。胸の形や鎧などもイメージ通りで特に気になるような点は無し。
P00_3313
腰回り。
P00_3315
左腰には剣。こちらの柄は取り外し可能。
P00_3289P00_3290
腕や足。この辺のバランスも普通。特徴的な肩の布の形などもきっちり再現されスカートのしわ造形なども丁寧でした。
P00_3318
背中。
P00_3331
後ろ髪は基部がジョイント形式でリボン部分とその少し手前が軸可動。
P00_3277
オプション。
P00_3329
剣。見本では抜いてる写真は無かったですがきちんと付属。持たせる時は一旦柄を外す方式。
P00_3321
我が神はここにありて(リュミノジテ・エテルネッル)。こちらはかなり大きめサイズでパーツの交換により閉じた状態と、
P00_3326
開いた状態を再現可能。布部分はねんどろいどと同じくプラパーツ。
P00_3335
サイズはセイバー2.0より少し大きめくらい。
P00_3343
適当に何枚か。
P00_3361
可動は上半身に関してはいつもと同じですが、裾の干渉があるので下半身の動きは少し制限。
P00_3364
旗はかなり大きめなので広げた状態だとかなり置き場所取ります。
P00_3369
閉じた状態で攻撃。両手で持てば補助なしで保持可能。
P00_3383
裾部分は左右が基部固定の軟質素材、後部が基部ジョイント可動の硬質素材。
P00_3389
脚は十分に開きますが左足側は裾との干渉が大きいので若干窮屈でした。
P00_3394
剣に持ち替え。胸が大きすぎて腕を内側に曲げにくいので腕を伸ばしたままの両手持ちなどは不可。
P00_3407
普段は使うイメージないですがFGOのOPでは振り回してる剣。
P00_3477
刀身は細めなので紅蓮の聖女(ラ・ピュセル)発動時の持ち方も可。
P00_3418
我が神はここにありて(リュミノジテ・エテルネッル)発動時の旗を上げる動きも大体それっぽく再現可能。
P00_3436
照れ顔。アポクリファのアニメなどでもやたらと出てきたこちらの表情も付属。
P00_3444
裾左右がジョイント式ではなくそんなには開かないので座りポーズは厳しめ。
P00_3458
終わり。以上、figma ルーラー/ジャンヌ・ダルクのレビューでした。

いつも通りfigmaらしい安定した出来でプロポーションや顔はアニメやイラストなどのイメージそのまま、衣装のディテールも作り込まれており、旗も大きめで飾り映えするなど見た目に関しては完璧と言っていい出来に仕上がってました。
可動も下半身に関しては若干裾の干渉が気になったものの、左右の基部にジョイントを仕込むと多分見栄えが悪くなってたと思うので個人的には不満は無く、オプションも剣と2形態再現出来る旗が付いてて申し分なかったです。
Fate関連のfigmaはねんどろいどやスケールフィギュア共々予定が大量にあり、しばらくの間はどんどん増えそうなので今後のラインナップにも期待です。




figma Fate/Grand Order ルーラー/ジャンヌ・ダルク

figma Fate/Grand Order アヴェンジャー/ジャンヌ・ダルク〔オルタ〕

figma Fate/Grand Order ランサー/スカサハ(あみあみ)