figma ネロ レビュー
figma ネロ・クラウディウスのレビューです。
P00_6392P00_6393
全身。今回は見栄え優先な作りでスカートは固定。ネロ特有の小柄な体型などもきっちり再現。
P00_6410
顔。小さいサイズながらアイプリなどワダアルコ絵特有の繊細なタッチが再現されており再現度はかなり高め。
P00_6406P00_6404
髪の造形も非常にシャープ。なおアホ毛は固定。
P00_6420
髪の造形的に左側から見るのが一番見栄えする印象。
P00_6411
別表情の叫び顔。
P00_6413
こちらも出来は良好。口の塗装なども綺麗でした。
P00_6416
別表情の笑顔。
P00_6417
満面の笑みと言った感じでこちらもイラストなどのイメージ通り。
P00_6422
各部位など。胸周りなど体型も違和感なく再現されており、衣装の金ラインなど塗装も丁寧。
P00_6423
腰回り。見栄え重視な作りになっており今回この部分に関節は無く胴体で動くのは胸の下のみに。
P00_6398P00_6399
腕や足。スカートや袖口はクリアパーツで再現。しわ造形なども自然な感じでよく出来てました。
P00_6428
スカート内側。金塗装はギルガメッシュの時と違い上品な色味で見栄え良かったです。
P00_6430
背中。ぱっくり開いた背中や尻なども違和感なく再現。後ろ髪は軸可動しリボンに動きをつけることが可能。
P00_6387
オプション。
P00_6433
原初の火(アエストゥス・エストゥス)。こちらは一旦柄を外して持たせる方式。
P00_6446
バックラーも付属。こちらは専用の左前腕に付け替えて装備。
P00_6447
裏側。
P00_6441
サイズは玉藻より少し小さめくらい。
P00_6439
2010年発売の旧版と。こちらは武内絵ということもあり雰囲気はかなり違った感じに。
P00_6458
適当に何枚か。
P00_6466
手足の関節は通常のfigmaと同じですが、今回は胴体の関節が胸の下のみ、スカートも固定なので動きはある程度制限。
P00_6473
胸の下の関節はきっちり回るので剣を振る動きなどは自然に。
P00_6479
両手持ちは可動域的には可能ですが袖口が開いたデザインなので片方は添えるくらいが限界でした。
P00_6547
バックラー装備。足首はよく動くので足は大きく開いてもぴたっと接地。
P00_6554
なおスカートが固定なので膝立ちなんかはどうやっても不可。
P00_6508
笑顔に交換。
P00_6509
こちらは歌ってる感じのイメージ。
P00_6526
剣を真っ直ぐ立てるのは難しいですが、宝具発動時の手を掲げる動きなども大体それっぽく再現可能。
P00_6537
スカートの範囲内ですが足を前後に開いて剣を振り抜くような動きも概ね問題なかったです。
P00_6570
最後は玉藻との2ショットで。
P00_6566
終わり。以上、figma ネロ・クラウディウスのレビューでした。

小さいサイズながらアイプリなどワダアルコ絵の特徴をきっちり捉えてて再現度が高く、体型やドレスのディテール、赤や金の色味などもイメージ通りで完成度の高い出来に仕上がってました。
今回は見栄えを優先した作りになってるようでスカートは固定、腰も動くのは胸の下のみなど可動は少し制限がありますが、膝立ちなど極端な動き以外はそれほど問題なく個人的には特に不満は無かったです。
最近の流行もあってFate関連のfigmaはまだまだ色々出そうなので、今後のラインナップにも期待です。




figma Fate/EXTELLA ネロ・クラウディウス

figma Fate/Grand Order アヴェンジャー/ジャンヌ・ダルク〔オルタ〕

figma Fate/Grand Order ランサー/スカサハ(あみあみ)