figma 井之頭五郎 松重豊 レビュー
figma 井之頭五郎 松重豊ver.のレビューです。
P00_1145P00_1147
全身。漫画版に続きドラマ版の井之頭五郎も発売。衣装など普通のスーツなのである意味松重豊そのままのfigma。
P00_1159
顔。レオニダスや勇者ヨシヒコなどと同じ3D彩色が使われており実写の縮小版のようなクオリティに。
P00_1157P00_1156
角度によって多少見え方は変わりますが横顔なんかはかなり本物に近い印象。
P00_1163
別表情の頬張り顔。
P00_1164
孤独のグルメらしい食べてる時の表情で造形も左右非対称になってるなどこちらもかなりリアル。
P00_1167
各部位など。衣装はごく普通のスーツ。造形塗装共によく出来てますが腹部の分割はやや目立ち気味。
P00_1168
腰回り。
P00_1150P00_1152
腕や足。体型も実写に忠実なのでアニメキャラなどに比べるとだいぶ違ったバランスに。
P00_1171
背中。
P00_1141
オプション。
P00_1172
鞄。シンプルなデザインですがディテールや質感などこちらもリアルに作られてました。
P00_1176
メンチカツ。メンチカツそのものは右手首と一体化。袋は別パーツで平手で持たせる形式。
P00_1180
漫画版の井之頭五郎と。松重豊本人の高身長に合わせてかサイズは大きめ。
P00_1181
同時発売のワイシャツ一人焼肉エディションとも。こちらには色々なオプションの他、通常版には無い別表情も付属。
P00_1194
適当に何枚か。
P00_1200
可動は概ね普通のfigmaと変わらず。いつも通り肩や股関節周りなど干渉する部分は軟質素材に。
P00_1265
ただ構造的に腕を内側に曲げにくい作りになってたのでその辺は少し窮屈でした。
P00_1226
メンチカツを持たせて。
P00_1242
頬張り顔がリアルなのでかなり雰囲気出る感じに。
P00_1243
急いで食べすぎみたいな。
P00_1269
サイズが近いので漫画版のオプションも使用可。色が少し違いますが手首も付け替え可能でした。
P00_1279
ゴンの釣り竿を使って釣り。
P00_1284
芸術鑑賞。
P00_1288
実写ではモト冬樹が決められてたアームロック。
P00_1300
普通の格闘ポーズも問題なし。個人的にアウトレイジが好きなので小日向文世やビートたけしなんかも出ればいいんですが。
P00_1318
SHFケンのエフェクトを借りて昇竜拳。
P00_1323
爆発の中をダッシュ。
P00_1334
股関節周りがよく動き持ち手もあるのでバイクに乗せたりも可能でした。
P00_1219
終わり。以上、figma 井之頭五郎 松重豊ver.のレビューでした。

久々の3D彩色が使われたfigmaでしたが、これまで同様小さいサイズながら元の役者にかなり似ており、プロポーションなども自然で、完成度の高い出来に仕上がってました。
可動は腕を内側へ曲げる動きだけ少し苦手でしたが、それ以外はいつも通りよく動き、ドラマでは絶対やらないようなポーズや他シリーズの小物と組み合わせたりして遊んでも面白かったです。
3D彩色が使われたfigmaは今度はレスラーの蝶野正洋が出るのが決まってますが、今後も日本の役者など色々出していって欲しいところです。




figma 孤独のグルメ 井之頭五郎 松重豊ver.
figma アリス・ギア・アイギス 比良坂夜露
figma この素晴らしい世界に祝福を!2 アクア(あみあみ)