P00_1910
figma ランサー/クー・フーリンのレビューです。
P00_1822P00_1825
全身。プロポーションはゲーム、アニメなどのイメージ通り長身で細身。体のラインの塗装なども正確で見栄え良好。
P00_1839
顔。figmaらしい安定した出来で再現度はかなり高め。アイプリなども正確。
P00_1836P00_1834
独特な髪型も違和感なく再現され垂れた前髪もシャープでした。
P00_1840
別表情の睨み顔。
P00_1843
見かけることの多い目を見開いた表情。こちらも眉間のしわや口元など凝った作りに。
P00_1844
別表情の叫び顔。
P00_1846
こちらも眉間のしわや開いた口などよく出来てました。
P00_1849
別表情のウィンク顔。
P00_1850
こちらもランサーらしい表情でfigmaでは珍しく別表情が3種という豪華な仕様に。
P00_1853
各部位など。細身かつ筋肉質な体型もゲームなどでのイメージ通り。ラインの塗装も綺麗でした。
P00_1856
腰回り。
P00_1828P00_1829
腕や足。この辺もかなり細身。肩鎧や靴部分はメタリック塗装で全体の質感も良好。
P00_1860
背中。後ろ髪はジョイント可動。
P00_1818
オプション。
P00_1861
刺し穿つ死棘の槍(ゲイ・ボルク)。こちらも造形塗装など凝っており持ち手も複数付いてました。
P00_1869
セイバー、アーチャーと。セイバーとは丁度良いくらいに見えますがアーチャーとはスケールが合っておらず少し違和感が。
P00_1882
適当に何枚か。
P00_1904
右目線の表情が無いのでそのままとはいかないですがFGOでの立ち絵や戦闘画面の姿勢などほぼそのまま再現可能。
P00_1910
関節が可動重視の作りになっており、尚且つ干渉も少ないデザインなのでアクション性はかなり高め。
P00_1922
特に肩が特殊な作りになっており腕をかなり内側に曲げることが可能になってました。
P00_1997
首関節も配慮された構造になってるのでしっかりと上を向け、股関節周りの可動や接地性も良好。
P00_1986
腰も一回転可能なので派手に槍を振り回したりといった動きも可。
P00_1968
投擲。槍は凹凸の多い造形で色移りしやすいので注意が必要。
P00_2040
表情はオンライン特典とかじゃなく標準で4種あるのでお得感のある感じに。
P00_2017
劇場版HFでの綺麗なフォームのダッシュ。指が揃った平手が無いので完全再現は不可。
P00_2051
ホロウで印象的な後ろ姿。こちらもそのままとまではいかないもののそこそこは近い感じに再現可能。
P00_2061
アーチャーと対決。微妙にスケールは違いますが動きをつけて並べるなら多少は誤魔化すことが。
P00_2136
セイバーと。
P00_1934
終わり。以上、figma ランサー/クー・フーリンのレビューでした。

発売時期にずれがあることもあってかアーチャーとのスケールが微妙に違ってたあたりはやや惜しかったですが、顔の再現度などは非常に高く、体型や衣装の造形塗装などもイメージ通りでかなり完成度の高い出来に仕上がってました。
可動も凝った関節構造や干渉の少ないデザインのおかげでfigma全体の中でも特別動く方で、ゲームやアニメの様々な動きを再現出来、また表情パーツが4種もある点なんかも遊びの幅が広がるので良かったです。
今からだとちょっと品薄気味になってるようですが、出来はこれまでのFateキャラの中でもトップクラスだと思うのでかなりオススメです。




figma Fate/Grand Order ランサー/クー・フーリン
figma Fate/Grand Order ランサー/スカサハ
figma Fate/Grand Order アヴェンジャー/ジャンヌ・ダルク〔オルタ〕(あみあみ)