ROBOT魂 ネオジオング レビュー
ROBOT魂 シナンジュ FINAL BATTLE SET:Feat.ネオ・ジオングのレビューです。
P00_6666
全体。ROBOT魂でネオジオング全部を立体化するのは無理だったようで、今回は胸と肩部分のみの台座仕様に。
P00_6667
後ろ。色や質感などは良好でマーキングも施されてるので精密感も十分。赤は2色使われてました。
P00_6654
オプション。
P00_6655
スタンド類一式。
P00_6669
シナンジュ リアルマーキングVer.と。
P00_6674
ネオジオングに乗せる時は先に内部のシナンジュ用台座に本体を固定。
P00_6740
後はそのまま乗せて後ろにシールドを付けるだけで完成。
P00_6741
後ろ。腕などは干渉しやすいので擦れに注意が必要。
P00_6746
上から。
P00_6684
背中。シールドはボールジョイント接続。
P00_6721
横から。メカディテールも凝った造形に。
P00_6723
裏側。肩の下部分なども手抜きなし。
P00_6730
ネオジオング部分は若干の動きをつけることが可能で、左右と、
P00_6726P00_6727
前後にクリック可動出来るようになってました。この辺のギミックはフォルマニアに近め。
P00_6681
両肩内部には収納形態のバズーカを収納可能。バズーカはリアルマーキングシナンジュに付属する物と同じ。
P00_6735
胸カバーは左右に動かすことが出来、肩カバーも開く事が可能。内部ディテールもぎっしり。
P00_6737
破損胸部パーツ。こちらは差し替え方式。ユニコーンの手刀手首を差し込める形状に。
P00_6907
リアルマーキングver.のみに対応したシナンジュの腕破損パーツも付属。
P00_6690
有線式大型ファンネルビット。こちらは付属のスタンドで浮かせて飾る方式。
P00_6761
左右の基部は動かすことが可能で畳んだ状態や、
P00_6762
開いた状態を再現可能。また砲身基部もボールジョイント可動。
P00_6752
ファンネルビットは差し替えのワイヤーパーツを使い飛ばした状態にすることも可。ワイヤーは硬めのリード線。
P00_6744
本体と合わせて展示した状態。
P00_6758
ユニコーンガンダムと。幅は結構ありますが胸と肩のみなのでそこまでのボリュームは無し。
P00_6768
適当に何枚か。
P00_6773
ネオジオングは角度をつけたり肩カバーを開いたりくらいしか出来ないので基本的にはそのままでの展示がメイン。
P00_6784
有線式大型ファンネルビットは2本まで射出が可能。ワイヤーのリード線はかなり硬めでした。
P00_6806
バズーカ装備。
P00_6818
肩カバーを開きビットなども合わせて飾るとなかなかの迫力に。
P00_6826
覚醒ユニコーンと対決。
P00_6903
取っ組み合い。
P00_6865
手刀で腕切断。
P00_6881
胸装甲突き刺し。
P00_6840
終わり。以上、ROBOT魂 シナンジュ FINAL BATTLE SET:Feat.ネオ・ジオングのレビューでした。

流石にROBOT魂でネオジオングを丸々出すのは無理だったようで、今回は胸と肩のみを切り抜いたシナンジュの台座仕様の商品として発売。
中途半端と言えば中途半端なので人によって好みは分かれそうですが、造形塗装などはしっかりしており、メカディテールやマーキングなどの精密感も十分で、そこそこ迫力もあり個人的には概ね満足のいく内容になってました。
ROBOT魂のユニコーン系もそろそろ一段落かと思いきや、今度はナラティブVer.のフェネクスという物が出るようで、そちらはストーリーなんかも新しく展開していくようなので他のラインナップなどにも期待です。

ROBOT魂 ジオング ver. A.N.I.M.E.、METAL ROBOT魂 フルアーマー騎士ガンダム(リアルタイプver.)など(魂ウェブ商店)



ROBOT魂〈SIDE MS〉 ユニコーンガンダム3号機 フェネクス(デストロイモード)(ナラティブVer.)
ROBOT魂 〈SIDE MS〉 MSM-03C ハイゴッグ ver. A.N.I.M.E.
ROBOT魂〈SIDE PB〉 鉄巨神(あみあみ)