メタルビルド エールストライク レビュー
METAL BUILD エールストライクガンダムのレビューです。
P00_7689P00_7691
全身。プロポーションは特に癖のない普通のバランス。ただフレームはアレンジが強く色も2色使われるなど独特な見た目に。
P00_7704
顔。それほど目立ったアレンジは無くアニメに近い造形。アンテナなどもシャープ。
P00_7699P00_7698
目はいつも通りメタリック塗装。ダクトなど細かい部分の塗装も正確でした。
P00_7705
下からも。
P00_7708
各部位など。体型は普通ですが露出したフレーム部分がかなりアレンジされてるのが特徴。他にも色々ディテールが追加。
P00_7709
腰周り。股間部分なんかもオリジナルとはだいぶ異なる形に。
P00_7694P00_7695
腕や足。前腕やふくらはぎなど結構ガッチリしており体型はメリハリのある形に。
P00_7716
肩前面の装甲は開くようになっており上側のフレームも可動。
P00_7726
ふくらはぎのスラスターも展開可。
P00_7711
背中。
P00_7714
ストライカーパックの接続穴はスラスターをずらすことで露出。
P00_7719
可動は今回癖のある感じで首腰は大きくスイングし、肩も高く上げられ、肘膝も深く曲げることが。
P00_7720
股関節は引き出し式で前後横に広く可動し接地性も良好。ただ太腿ロール幅は狭く内側に曲げにくいので色んな動きが制限。
P00_7724
最近の物同様前腕を曲げることが可能。
P00_7979
説明書には書かれておらずやろうとすると肩が抜けやすいですが肩は引っ張れば若干の引き出し関節が内蔵されてました。
P00_7727
また今回独自のギミックとしてつま先と踵が前後に引き出せるようになってました。
P00_7679
オプション。
P00_7682
エールストライカーパックとビームサーベル。
P00_7738
スタンド類一式。
P00_7732
エールストライカーを取り付けてフル装備。
P00_7734
いつも通り本体は一部ダイキャストが使用され重量があるので自立は問題なかったです。
P00_7742
ウイング主翼は上方向に曲がる他後方へも折り畳み可能。下部スラスターはボールジョイント可動。
P00_7744
パック中央部分とスタビライザーを後方に曲げ下部スラスターも閉じれば収納形態にすることが出来るようになってました。
P00_7747
スラスターは内部まできっちり造形塗装。スタビライザーの下には専用スタンド用の穴。
P00_7750
ビームライフル。フォアグリップは可動式。
P00_7756
またピンを起こすことで腰裏にマウントしたり、
P00_7757
サイドアーマーのピンを穴に差すことで腰横へのマウントが可能。
P00_7751
シールド。
P00_7753
裏側。取り付けは肘部へのジョイントとグリップの2点で片方でも両方でも固定可能。
P00_7760
アーマーシュナイダー。こちらは折り畳めるようになっており、
P00_7763
サイドアーマ―に収納可能。
P00_7780
エールストライカー単体で飾る専用スタンドも付属。
P00_7783
こちらはそのまま台座へ接続可。またストライクを素立ちで固定する支柱も付いてました。
P00_7773
フリーダム、ストライクフリーダムと。フリーダムは今だと少し見劣りするのでそのうちVer.2でも出して欲しいところ。
P00_7776
MG エールストライクガンダム Ver.RMと。並べるとフレームのアレンジが目立つ印象。
P00_7789
適当に何枚か。
P00_7803
肩の引き出し幅が少ないので両腕を伸ばしたままは厳しいですがライフル両手持ちは問題なく可能。
P00_7914
シールド防御。前述の通り今回太腿ロール幅が狭く、特に内側に曲げにくいので下半身に細かな動きをつけにくい点が難点。
P00_7821
またエールストライカーを付けた状態だと首周りにも余裕が無くタイトルバックのポーズもそのまま再現は難しかったです。
P00_7845
ビームサーベル装備。
P00_7848
かなり硬いですが腰は45度程は回るので斬る動きなどは問題なし。
P00_7866
いつも通り角度付き手首も付属。
P00_7876
蹴り。スタンドはいつもと同じタイプで保持力などは安定。ただ取り付けられるのは股間のみ。
P00_7889
やや姿勢は傾きますが膝立ちも可。
P00_7932
エールストライカーを外した状態でも。
P00_7898
終わり。以上、METAL BUILD エールストライクガンダムのレビューでした。

フリーダムが2012年発売だったのでそこから考えるとかなり時間が経ちましたが、前期主役機のストライクもようやく発売。
今回太腿ロールが内側に曲げ辛いのと肩の引き出しも分かりにくいなど可動に関しては個人的には少し残念でしたが、見た目に関してはいつも通りメタルビルド独自のアレンジや精密感のあるディテール、マーキングなどが格好良く満足のいく内容でした。
ガンバレルストライカーは既に決まっており、そのうちソードやランチャーパックも出そうですが、カラバリのルージュや発展機のノワールなど、どの辺までバリエーションが出るのかも気になるところです。

METAL BUILD ガーンズバック Ver.IV、METAL ROBOT魂 フルアーマー騎士ガンダム(リアルタイプver.)など(魂ウェブ商店)



METAL BUILD エールストライクガンダム
METAL ROBOT魂 〈SIDE KMF〉 紅蓮聖天八極式
DX超合金 初回限定版 VF-1J バルキリー(一条輝機)