SHF 松本人志 レビュー
S.H.フィギュアーツ 松本人志のレビューです。
P00_0768P00_0771
全身。プロポーションやスーツの雰囲気などTVで見る印象にかなり近く、頭部もデジタル彩色で非常にリアル。
P00_0787
顔。目の大きさや鼻の形、眉間のしわ、ヒゲなど特徴をよく捉えており完成度の高い仕上がり。
P00_0782P00_0780
髪は数年前からの金髪。表情替えギミックがあるので頭の真ん中に分割線はあり。
P00_0788
別表の笑顔。
P00_0791
本当に笑ってるというよりはネタで作り笑いしてる時っぽい表情。こちらも出来は良好。
P00_0792
別表情の叫び顔。
P00_0796
こちらも他の表情とは額のしわの付き方が違ってるなど凝った作りで口の塗装などもリアルでした。
P00_0798
各部位など。衣装はネクタイなしのスーツ。近年の松本らしく胸筋などがかなり鍛えられてる造形に。
P00_0800
腰回り。
P00_0775P00_0777
腕や足。この辺は細身。関節などは最近の実写系SHFと同じでした。
P00_0803
背中。
P00_0766
オプションは手首のみですがかなり豊富。
P00_0809
適当な物と。サイズはライダーなどとほぼ同じ。
P00_0810
適当に何枚か。
P00_0840
関節は最近の実写系SHFと大体同じなので可動も良好。パンツ部分などはちゃんと軟質素材に。
P00_0838
肩回りなども柔軟。
P00_0820
ダッシュ。本人は昔股関節の病気で手術したのであんまり思いっきり走れないらしいですが。
P00_0852
これまでの実写系SHFと違って戦ったりする人物ではないものの、可動がいいので格闘ポーズも普通に取らせることが可能。
P00_0862
ハイキックなんかも可。
P00_0923
表情、手首ともに豊富なのでディスプレイの幅はかなり広め。
P00_0870
腹筋。
P00_0846
笑いと筋肉の神。
P00_0940
スーパーヒーロー着地。膝立ちなんかも問題なし。
P00_0918
持ち手も付いてるので他キャラの武器を持たせたりも可能。
P00_0881
バイクなどにも搭乗可。
P00_0893
年末の風物詩。
P00_0911
廃旅館での小便妨害。個人的に罰シリーズでは廃旅館が一番好きですがもうやることは無さそう。
P00_0947
格好つけた感じの1枚で終わり。以上、S.H.フィギュアーツ 松本人志のレビューでした。

SHFの実写系キャラはこれまで洋画か特撮などの役者が中心でしたが、珍しく日本の普通のタレントの物が発売。
出来の方は、顔の再現度がかなり高くてプロポーションも自然なバランスに仕上がっておりTVで見る印象に近く、可動も全体的に良好で、多彩な表情や手首を使って様々な動きをとらせて遊ぶことが可能でした。
これだけ出来の良い物が作れるなら、今後もお笑い芸人や役者問わずいろんな人物をどんどん増やしていってほしいところです。

S.H.Figuartsソー(アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー)、ワスプ(アントマン&ワスプ)など(魂ウェブ商店)



S.H.フィギュアーツ 松本人志(魂ウェブ商店等限定)
S.H.フィギュアーツ 浜田雅功(魂ウェブ商店等限定)
S.H.フィギュアーツ ハリー・ポッター (ハリー・ポッターと賢者の石)(あみあみ)