ROBOT魂 ストレリチア レビュー
ROBOT魂 ストレリチアのレビューです。
P00_9115P00_9117
全身。プロポーションはほぼ劇中のイメージ通りで胸や脚部などの女性的なフォルムも忠実に再現。
P00_9131
顔。瞳や口など人の顔のようになってる独特なデザインも違和感なし。角やアンテナの造形などもシャープ。
P00_9127P00_9124
塗装なども正確で見栄え良好。左右のもみあげパーツは軟質素材でした。
P00_9149
別表情の叫び顔。
P00_9151
こちらも出来は良好。ただ表情の付け替えは角、額、アンテナなど取り外さないといけないパーツが多く結構面倒。
P00_9154
別表情の笑顔。
P00_9155
ゼロツーの顔がそのまま浮き出たような無邪気な表情も付属。
P00_9134
各部位など。胸や腰などの女性的なフォルムも劇中通り再現されラインの塗装なども綺麗でした。
P00_9135
腰回り。腰アーマーは基部と正面、横の装甲が個別にボールジョイント可動。
P00_9120P00_9121
腕や足。肩と前腕装甲が非常に大きいのが特徴。脚部は関節が工夫されており膝を伸ばした状態のフォルムが綺麗。
P00_9177
劇中のイメージ通り足首関節は無し。踵は可動式でつま先の裏には台座接続用の穴。
P00_9140
背中。
P00_9142
後ろ髪はそれぞれボールジョイント可動。
P00_9174
可動は首腰ともに大きくスイングし肩も水平以上に高く上げることが。
P00_9175
肘膝も深く曲げることが可能。股関節は前には90度程動きますが横は干渉があり45度程度。足首可動は無し。
P00_9112
オプション。
P00_9180P00_9184
クイーンパイクとシールドを装備し台座に足を固定した状態。
P00_9166
クイーンパイクは一旦グリップを外して持たせる方式。
P00_9167
ケーブルは軟質素材で動きの妨げになることは無かったです。
P00_9170
シールド。
P00_9171
こちらは肘にジョイントをはめてボールジョイント接続。
P00_9145
サイズはガンダムよりだいぶ大きめ。アニメだとちょっとタウバーンに似てる気がしましたが並べるとそうでも無かったです。
P00_9192
適当に何枚か。
P00_9204
突撃。今回台座は付きますが支柱は付かないので浮かせたい時は別売りの物が必要。
P00_9227
クイーンパイクは劇中通りグリップ以外の部分を持つことも可能。ただ持ち手が広がるので注意が必要。
P00_9274
左持ち手が無いので両手持ちは無理ですが平手を添えればそれっぽく見せることも可。
P00_9241
接地性は無いに等しいので足を広げたポーズで飾る場合はスタンドでの補助が必須に。
P00_9336
上空から突き刺し。叫び顔のおかげで動きを付けた時の躍動感が増すのでちゃんと別表情が付いてて良かったです。
P00_9301
ちょっと窮屈ですが一応膝立ちも可。腰の回転も胸の部分が回るので問題なかったです。
P00_9346
干渉が大きそうな肩アーマーなんかもボールジョイントで柔軟に動くのでそれほど邪魔にならず。
P00_9351
非公式っぽいですがクイーンパイクは柄を持たせた方がハッタリが効いて迫力が増す印象。
P00_9308
笑顔に付け替えて飛行。
P00_9320
こちらを使うとゼロツーとの会話シーンのような展示が可能に。
P00_9366
終わり。以上、ROBOT魂 ストレリチアのレビューでした。

人のような顔があったり体型が女性的だったりとかなり個性の強いメカですが、どの部分も劇中のイメージに近い仕上がりで、各部の造形もシャープかつ塗装も綺麗で完成度の高い出来に仕上がってました。
可動も一見ゴテゴテしてて動かしにくそうですが、肩や腰アーマーなどが細かくボールジョイント可動するのでどこもよく動き、表情パーツとの組み合わせなどで再現出来るポーズも多くプレイバリューも高かったです。
ダリフラは人によって好き嫌い分かれそうなアニメだったこともあってか、既に結構値下がりしたりしてますが、このストレリチア自体の出来はかなり良いのでメカデザインが好きな人にはなかなかオススメです。

ROBOT魂 ストレリチア・XX(キス)、ナイチンゲール(重塗装仕様)【2次:2019年4月発送】などicon(魂ウェブ商店)