P00_0398
ROBOT魂 湿地帯戦用ザク ver. A.N.I.M.E.のレビューです。
P00_0286P00_0287
全身。造形は量産型ザクと同じで本体カラーが迷彩に変化。大半の部分が塗装なので質感は通常の物より良好。
P00_0302
顔。造形は同じですがパイプやモノアイの色まで変わってるので印象はかなり変化。
P00_0300P00_0299
頭部の塗装だけでもかなりの色数が使われてるので非常にリアル。
P00_0306
各部位など。この辺も通常の量産型ザクとはかなり異なるカラーリングに。
P00_0308
腰回り。
P00_0291P00_0293
腕や足。右肩シールドや脛部も凝った塗装に。また迷彩部分の境目なども正確で見栄え良かったです。
P00_0296
肩は左右非対称。
P00_0281
オプション。
P00_0317P00_0318
装備パターン1。武器やジョイントの数が非常に多くて様々な装備パターンを再現可能。
P00_0447
量産型と同じく隊長機用頭部が付属。
P00_0321
ザク・バズーカ。武器自体はどれも量産型と共通。
P00_0315
ザク・マシンガン。武器はほぼ全て成型色なので本体に比べると質感はいまいち。
P00_0325
マシンガンはジョイントを使ってランドセルの横に装備可能。
P00_0323
マガジン2個もジョイントを使って腰部に装備可。
P00_0328
左腰にはヒートホーク(収納形態)を装備。
P00_0354
手持ち用も付属。
P00_0330
装備パターン2。
P00_0331
後ろ。
P00_0345
マゼラ・トップ砲。
P00_0348
バズーカはいつもの方式の他に、ジョイントを使ってランドセル後ろにも装備可能。
P00_0342
クラッカーとクラッカーホルダー。
P00_0340
脚部3連装ミサイル・ポッド。
P00_0350
エフェクトも付属。
P00_0336
砲弾キャリーケース。
P00_0351
カバーは開くことが可能。また脚部ミサイルポッドのミサイルを入れることも可能。
P00_0357
量産型にも付いていたハッチ開閉スイッチも付属。
P00_0363
量産型ザクと。造形は同じですが手の込んだ迷彩色により印象は大きく変化。
P00_0367
適当に何枚か。
P00_0375
造形は共通なので可動も量産型ザクと変わらず。
P00_0398
ただ個体差か今回股関節が異常に硬くて微調整しづらく、脚部はかなり動かしにくかったです。
P00_0404
脚部ミサイル発射。武器類は大体これまでの流用なのであまり新鮮味はなし。
P00_0382
ただ迷彩色はかなり丁寧なので見栄えは非常に良かったです。
P00_0457
マゼラ・トップ砲装備。
P00_0423
ヒートホーク。こちらは量産型とは全く異なるカラーリングに。
P00_0445
背中には大量の武器をマウント出来ますが、ジョイントの固定もしっかりしてるので不意に外れるようなことも無かったです。
P00_0411
終わり。以上、ROBOT魂 湿地帯戦用ザク ver. A.N.I.M.E.のレビューでした。

基本的には量産型のザクのカラバリで武器類も大体流用なので、可動やギミックなどの出来はそちらと変わりなし。
個体差的な問題か今回異常に股関節が硬かったので手軽に動かせなかった点は残念でしたが、目玉である迷彩塗装は非常に丁寧で、ほぼ全身に渡って施されてるので質感なども良く、見た目に関する満足度はかなり高かったです。
ver. A.N.I.M.Eシリーズは頻繁に安売りされるわりに好調なのか、一般限定両方でどんどん新作が増えてるので今後のラインナップにも期待です。

ROBOT魂 <SIDE MS> MS-06D ザク・デザートタイプ カラカル隊所属機 ver. A.N.I.M.E.などicon(魂ウェブ商店)