P00_9929
DX超合金 VF-1J バルキリー(一条輝機)のレビューです。
P00_9680
ファイター形態。DX超合金では初のVF-1Jなので造形は完全新規。
P00_9681
サイズの大きいDX超合金シリーズだけありモールドやマーキングなどはHI-METAL Rなど小さい物より精密な見た目に。
P00_9685
裏側。ランディングギアはいつも通り差し替えなしで展開収納が可能。
P00_9688
機首部分。キャノピーはクリアパーツで中のパイロットが透ける仕様。
P00_9691
ハッチは開閉可能。パイロットフィギュアもかなり細かい部分まで塗装されてました。
P00_9696
最近の機体に比べるとボディのカラーリングなどはシンプルですがモールドなどのディテールはかなり精密。
P00_9703
エアブレーキは開閉可能。
P00_9712
主翼のフラップも可動。
P00_9704
マーキングなども正確でした。
P00_9709
脚部ノズル。
P00_9714
エアインテークのカバーはオプションとして付属。
P00_9716
ガンポッドはバトロイド時腕になる部分に挟み込んで懸架する方式。
P00_9732
ランディングギアはそれぞれそのまま収納可。
P00_9676
オプション。
P00_9673
専用台座一式。こちらは最近のDX超合金と共通の仕様。
P00_9663
初回特典ファイター専用台座一式。初回特典としてファイター時に角度を付けて飾れる台座が付属。
P00_9664
組み立てた状態。
P00_9666
角度は取り付け位置を変えることで3段階調節可能。
P00_9741
通常の台座で浮かせた状態。
P00_9733
初回特典台座で浮かせた状態。こちらは通常より角度がきつめ。
P00_9736
こんな感じで機体を斜めにして飾ることが可能。
P00_9737
個人的にはもっと微調整出来る仕様の方が有難かったですが。
P00_9806
続いてガウォーク形態。変形ギミックは同じ機体なだけありHI-METAL Rと大体近かったです。
P00_9807
後ろ。太腿にはロールがあり、いつも通り膝や足首も引き出し式なので足はしっかり開くことが可能。
P00_9810
横から。肩もしっかりロックがかかるので安定。アンテナはオプションとして付属。
P00_9801
脚だけ展開した状態も再現可。
P00_9883
ガンポッド。こちらもHI-METAL Rよりディテールが増し、ベルトも付くなど色々進化。
P00_9816
5指はそれぞれ可動。可動手首にはガンポッド固定用のピンもあり。
P00_9817
スタンドで浮かせた状態。
P00_9846P00_9847
続いてバトロイド形態。目立ったアレンジなどはなく、プロポーションは概ね昔のアニメのイメージ通り。
P00_9865
顔。カメラアイはクリアパーツで内部メカが透けて見える作りに。
P00_9860P00_9861
機銃はわりと太め。いつも通り前後左右に角度調節も可能。
P00_9868
各部位など。胸のフォルムもエッジが効いてて見栄え良く、細かなマーキングもされてて精密感のある見た目に。
P00_9869
腰回り。別パーツのエアインテークのカバーも隙間なく取り付け可能。
P00_9851P00_9852
腕や足。右腕にはガンポッドを装備。四肢のバランスも自然で膝の青と赤はクリアパーツで再現。
P00_9873
背中。
P00_9889P00_9891
スタンドで浮かせた状態。
P00_9885
スタンドは後ろから股関節部を覆うようにして取り付け。
P00_9894
今回は脇腹の隙間を塞ぐディテールアップパーツも付属。取り付けはまず主翼を開いて股関節後ろのカバーを開いた状態に。
P00_9896
そして脚フレームを腰フレームから取り外し。これによって腰の回転も可能に。
P00_9902
背中を開き、胸部裏に腹部ディテールアップパーツを取り付け。その後また背中を閉じて、
P00_0020
脚フレームを腰裏に接続すれば完成。脇腹の隙間が無くなり、また脚と腰のフレームが分断されたことで腰の回転も可能に。
P00_9911
可動は腰のスイングは無いですが首周りは広く可動。肩も水平まで上がり肘も深く曲げることが。膝は90度程が限界。
P00_0016
股関節は前後に広く、横には若干程度可動。足首は引き出せるので接地性もまずまず。
P00_9931
今回新しいギミックとして太腿が横に引き出せるようになっており、これによって足を大きく開くことが出来るようになってました。
P00_9907
腰も前述の通り一旦脚フレームを腰のフレームから外して付け替えることで回転させることが可能に。
P00_9877
VF-31Jと。最近のマクロスの機体に比べるとサイズやプロポーションなどかなり違ってました。
P00_9879
HI-METAL Rとも一応。
P00_9724
適当に何枚か。
P00_9780
ファイター形態から。キャノピーの透け具合も丁度良くアニメの雰囲気に近い感じに。
P00_9782
初回特典ですが角度付き台座もあるのでファイター形態はこれまでより派手な展示が可能に。
P00_9758
後ろから。
P00_9799
特典台座は角度の微調整などは出来ないですが、その分安定感はばっちりでした。
P00_9822
ガウォーク形態に変形。
P00_9834
最近の作品の機体に比べるとかなり大きかったですがダイキャスト率は大差ないのか重さはそんなには差は無かったです。
P00_9841
ただ大きい分変形はやりやすくこれまでのDX超合金の中でも一番楽だった印象。
P00_9948
バトロイド形態に変形。
P00_9940
バトロイド時の可動範囲も広めで肩回りも良く動くので両手持ちも楽に。
P00_9929
サイズが大きいだけあり普通の射撃ポーズでもかなりの迫力。
P00_9951
太腿を横に引き出せるギミックのおかげで今までより足を大きく広げたポーズも可能に。
P00_9970
膝立ちも可。
P00_9987
HI-METAL Rと同じく丸型手首も付いてますがこちらでは右の武器持ち手と左の平手のみでした。
P00_9995
終わり。以上、DX超合金 VF-1J バルキリー(一条輝機)のレビューでした。

久々の完全新規のDX超合金でしたが、各形態共にシルエットなどアニメでのイメージ通りに仕上がっており、全体の質感や塗装も良好、サイズに合わせた程良い量のディテールも施されてて精密感もあり非常に格好良く仕上がってました。
太腿が横に引き出せるなど可動もこれまでより進化しており、腰も大きく捻れるのでポージングの幅も広く、変形ギミックも元々VF-1Jがシンプルということもあってストレスが少なく、遊びの面でも満足度は高かったです。
大量にあるVF-1Jの立体物の中でも決定版といえるくらいの出来に仕上がってると思うので個人的にはかなりオススメです。

iconiconDX超合金 VF-1対応ミサイルセットicon(魂ウェブ商店)