P00_0695
Portrait.Of.Pirates ワンピース “SA-MAXIMUM” シャーロット・カタクリのレビューです。
P00_0593
全身。三又槍「土竜」を構えたMAXIMUMらしい派手なポーズが特徴。
P00_0596
後ろ。台座は片足のみに付属。安定性は特に問題なかったです。
P00_0603
設定では身長5mのキャラなので正確なスケールは分からないですがサイズは通常の1/8スケールフィギュアほどでした。
P00_0604
流石POPだけあり衣装のディテールなどはかなり精密で各部造形もシャープ。
P00_0608
三又槍もかなり長めで迫力十分。なお持つ位置は変えられるので柄の近くを持たせると置き場所も多少はマシに。
P00_0609
横から。
P00_0662
マフラーは取り外し可能。
P00_0664
こちらの状態でも特に違和感はなし。頭部の取り外しはかなり硬かったので注意が必要。
P00_0613
顔。サイズが大きめなだけあり眉間のしわなど細かい部分までリアルに作り込まれており再現度も十分。
P00_0626P00_0625
ワンピでは珍しい正統派に格好良い感じの鋭い目つきなどもイメージ通り。髪の造形もシャープでした。
P00_0616
マフラーを外した状態。
P00_0619P00_0621
原作ではこの状態だとだいぶ印象が変わりますが今回は口を閉じてるのでそれほどは目立たなかったです。
P00_0631
各部位など。目立つ部分なだけありマフラーの造形はかなり細かく塗装も非常に丁寧でした。
P00_0633
外した状態でも違和感のない作りになっており、筋肉造形や派手なタトゥーも違和感のない見た目に。
P00_0639
腰回り。ベルトのディテールも精密。
P00_0637
腕の筋肉も非常に丁寧で陰影なども細かく表現。
P00_0636
タトゥーなどもきっちり再現され装飾の造形などもシャープ。
P00_0643
脚部の刺々しいデザインなども忠実に再現。
P00_0644
右足は台座に接続。皮のズボンの質感などもリアルに表現されてました。
P00_0648
靴のディテールも非常に精密。
P00_0653
背中。
P00_0655
背筋なども手抜き無し。
P00_0658
三又槍「土竜」。こちらは34cm程とかなり長め。刃の部分も細かく陰影がつけられており見た目もリアル。
P00_0659
台座。こちらは右足に接続し、補助支柱で膝の辺りを下から支える構造になってました。
P00_0674
ルフィ2.0と。全体のボリュームはかなりのものですが、真横に並べると頭部の大きさはルフィより小さかったです。
P00_0679
適当に何枚か。
P00_0693

P00_0699

P00_0685

P00_0695

P00_0686

P00_0701

P00_0711

P00_0720

P00_0731

P00_0703
終わり。以上、Portrait.Of.Pirates ワンピース “SA-MAXIMUM” シャーロット・カタクリのレビューでした。

今回ポーズがかなり派手なので、その辺は人によって好みが分かれそうですが、出来自体はかなり良く、顔はほぼ原作のイメージそのままで衣装や筋肉の造形塗装のレベルも高く、非常に格好良く仕上がってました。
また印象的な武器もかなり大きめに作られてて見栄えが良く、マフラーを外した状態でも顔や肩周りなど自然だったりと、キャラが好きな人なら十分満足のいく内容になってると思います。
POPはもう普通のキャラに関してはMAXIMUMばかりになってきましたが、しらほしの時みたく縮小版で良いのでそろそろカイドウなんかも出して欲しいところです。

iconiconPOP“SA-MAXIMUM” ロロノア・ゾロ Ver.三・千・世・界!!!など(メガトレショップ)