メタルビルド ガーンズバック レビュー
METAL BUILD ガーンズバック Ver.IVのレビューです。
P00_0752P00_0753
全身。一部アーバレストの流用はあるものの頭部や肩など目立つ部分は新規造形で色も全く違うので印象は大きく変化。
P00_0766
顔。頭部はアーバレストとは全く異なるデザイン。バイザーはクリアパーツで内部メカが透けて見える作りに。
P00_0763P00_0762
その他ディテールなども精密で塗装も正確でした。
P00_0772
各部位など。胴体は胸部左右や腹部はアーバレストと共通ですが胸部中央はこちらの方が装甲が厚い見た目に。
P00_0774
腰回り。
P00_0758P00_0759
腕や足。この辺は肩アーマーや肘、太腿、膝などが新規。全体的にシャープなアーバレストに比べ角ばったフォルムに。
P00_0780
肩横の装甲はボールジョイント接続で左肩内側には畳んだ状態のAS用拳銃を装備。
P00_0777
背中。
P00_0785
アーバレストと同じく背部メンテナンスハッチは開閉可能。
P00_0783
脇下ウェポンベイも開くことが出来、右にはハンドグレネード、左には対戦車ダガーを装備。
P00_0814P00_0815
またアーバレスト同様ECS展開状態も再現可能。
P00_0803
胸部左右や肩、
P00_0802
腰中央やサイドアーマー、
P00_0806
膝、
P00_0807
背部中央、左右、肘、
P00_0812
ふくらはぎが展開可能。
P00_0741
オプション。武器の数はアーバレストより多め。
P00_0743
スタンド類各種。
P00_0749
クルツ、マオ、テッサ、マデューカス中佐のミニフィギュアも付属。
P00_0738
またクルツ、マオ、空座のコクピット内パーツも付属し、
P00_0817
アーバレストの時と同じく首の基部を開いて中に乗せることが可能。
P00_0821P00_0822
ブレードアンテナの付いたマオ機頭部も付属。
P00_0832
額の形状なども変わってるので印象はかなり変化。
P00_0829P00_0826
バイザーの作りなどはこちらも変わらず。
P00_0845
76mm狙撃砲装備状態。
P00_0840
76mm狙撃砲。クルツ機のメインといった感じの武器。メタルビルドだけありマーキングも入ってるなどディテールも精密。
P00_0842
マガジンは着脱出来、バイポッドも可動。
P00_0847
マガジンは連結も可。また砲身やスコープ、後端パーツは畳むことが出来るようにもなってました。
P00_0868
ボフォース57mm滑腔砲。
P00_0869
こちらもマガジンの着脱連結が出来、バイポッドも可動。
P00_0871
リード線の接続ケーブルも付属。
P00_0848
単分子カッター(短)。
P00_0852
アーバレスト同様鞘も付属。
P00_0857
単分子カッター(長)。
P00_0854
こちらも鞘が付属。
P00_0861
XM18 ワイヤーガン。アーバレスト付属の物と同じく先端は開閉可。
P00_0864
対戦車ダガー。
P00_0865
ハンドグレネード。この辺はアーバレストと共通。
P00_0883
ヴァーサイル2多目的ミサイル。
P00_0885
今回の中でも特に目立つ武器でディテールも精密。
P00_0876
ジャベリン超高速ミサイル。
P00_0879
砲弾も付属。
P00_0890
GEC-B 40mmライフル。こちらも他の射撃武器同様マガジンの着脱連結が可能。
P00_0888
AS用拳銃。こちらは左肩に装備してる物で使用時はグリップ部分を展開。
P00_0894
背部の武器マウントパーツは展開した状態の物も付属。
P00_0898P00_0900
マオ機に換装し様々な武器をマウントした状態。
P00_0904
ジャベリンには専用のジョイントパーツが付属。
P00_0914
台座はレーバテインやアーバレストと共通で武装や付属品を纏めておけるケージパーツも付属。
P00_0918P00_0916
各種武器、付属品をセットした状態。
P00_0921
右側、
P00_0922
左側、
P00_0932
後ろ。使わない方の頭部パーツも取り付け可能。
P00_0937P00_0940
本体をセットした状態。
P00_0907
アーバレストと。基本的な作りは共通なのでサイズなども変わりなし。
P00_0955
適当に何枚か。
P00_0952
台座はこれまでと共通なので同じように基地内でのメンテナンス状態っぽく展示することが可能。
P00_0973
発進。関節も基本的にアーバレストと共通なので可動も概ね変わりなし。
P00_0982
スタンドもアーバレスト同様可動式のジョイントが付くので浮かせての展示も可。
P00_0991
肩や股関節は引き出し式。ライフル系の武器の両手持ちも問題なし。
P00_1002
膝立ちも自然に。ただ肩アーマーはちょっと外れやすかったです。
P00_1040
ECS展開状態で伏せ撃ち。
P00_1028
こちらの再現用に首はアーバレストより引き出せるように改良されてるので自然に構えることが可能でした。
P00_1053
マオ機に換装。
P00_1063
武装はクルツ機、マオ機それぞれがメインで使う物が全てセットされてるので両機とも違和感なく再現可能。
P00_1067
接地性がかなり高いので足を大きく開いても隙間が出ず。
P00_1076
単分子カッター突き刺し。
P00_1088
見た目的にはマオ機で重装備させるのが一番飾り映えするかも。
P00_1099
多目的ミサイル。流石メタルビルドなだけあり武器のディテールなども非常にリアル。
P00_1111
超高速ミサイル。こちらの大きい武器2つはグリップが動くので肩に乗せて構えるのも楽。
P00_1146
終わり。以上、METAL BUILD ガーンズバック Ver.IVのレビューでした。

大体の部分はアーバレストを踏襲した作りになってますが、新規造形部分はかなり多く、カラーリングなどもイメージ通りでこちらもかなりの格好良さに仕上がってました。
関節はアーバレストと共通なので可動も全体的に良好で、今回は更に首が改良されたので印象的な伏せ撃ちも違和感なく再現することが出来、武装の数もアーバレストの倍以上とプレイバリューも非常に高かったです。
メタルビルドのフルメタシリーズはASに関してはこれ以上は出なさそうな気がしますが、レーバテインのブースターなどまだ何か続いたりするのか気になるところです。

iconiconMETAL ROBOT魂 ランスロット・アルビオンゼロ、ROBOT魂 飛甲兵などicon(魂ウェブ商店)