P00_1388
S.H.フィギュアーツ 檀黎斗神 ~神の喜と怒~のレビューです。
P00_1284P00_1285
全身。プロポーションなどはほぼ劇中の印象そのまま。衣装はジャケットにシャツのラフなスタイル。
P00_1299
顔。歯を出してニヤついてる檀黎斗らしい表情でデジタル彩色が使われてるので非常にリアル。
P00_1296P00_1294
しわの造形も細かく唇の塗装なんかも丁寧。髪も分け目なども自然でした。
P00_1301
別表情の睨み顔。
P00_1302
眉間にしわを寄せて怒ってる表情でこちらも出来は良好。
P00_1305
別表情の笑顔。
P00_1306
こちらは目が細すぎたりするせいで少し特徴が薄くなっており角度を選ぶ感じ。
P00_1309
各部位など。衣装はコンティニューを初披露した時などのグレーのジャケットに紫のシャツという特に印象的な姿。
P00_1311
腰回り。ポケットやボタンなどのディテールも細かかったです。
P00_1288P00_1291
腕や足。細身な体型などもほぼ劇中そのまま。ズボンのしわなども細かく造形されてました。
P00_1315
背中。SHFでは珍しくスタンド用の穴があるのが特徴。
P00_1282
オプション。
P00_1317
ガシャット。専用の持ち手も付属。細かいデザインの再現はなく真っ黒だった点はちょっと残念。
P00_1498
神の復活台座。マリオの土管そのままな作りでCONTINUEの文字はシールで再現。
P00_1323P00_1324
檀黎斗を入れた状態。台座にも魂ステージact4の支柱を差せる穴があり本体を固定することが可能。
P00_1327
サイズは最近の実写系キャラやゲンムなどと変わりなし。
P00_1335
適当に何枚か。
P00_1343
可動は最近の実写系キャラと大体同じ。手首の種類は豊富で様々なアクションを再現可能。
P00_1349
高笑い。笑顔は正面からだといまいちでしたが煽りで見ると似てる印象。
P00_1364
ゾンビポーズ。こちら用の手首も付属。
P00_1374
股関節は普段と少し違った構造になっており、よくあるパンツ部分のパーツがなく前と横にそのまま曲げる作りになってました。
P00_1376
台座を使って復活。
P00_1408
ゲンム アクションゲーマー レベル0付属のプレートを使えば残りライフを説明するシーンもそのまま再現可能。
P00_1416
台座は魂ステージの支柱が使える作りになってるので勢いよく飛び出したり、
P00_1428
ゲンムなど他のキャラに使うことも可能。
P00_1452
時間差コンティニューだ!
P00_1461
単体で飾っても他のゲンムと並べたりしても良さそう。
P00_1480
終わり。以上、S.H.フィギュアーツ 檀黎斗神 ~神の喜と怒~のレビューでした。

主役俳優などを差し置いてのまさかの立体化でしたが、顔は最近の実写キャラ同様デジタル彩色が使われてるので非常にリアルで、プロポーションなども劇中のイメージに近く、かなり完成度の高い出来に仕上がってました。
関節も概ね最近の実写キャラと同じ作りで、股関節なんかは今回特に動かしやすくなってるので、多彩な表情や神の復活台座などを使って様々な遊びが出来、プレイバリューも高かったです。
特別人気が出たキャラだったので今回だけ特殊なのかもしれないですが、実写でもこれだけ出来が良い物が出せるなら、今後も平成ライダーの主役俳優など色々出していって欲しいところです。

iconiconiconS.H.Figuarts 仮面ライダーエグゼイド マキシマムゲーマー レベル99などicon(魂ウェブ商店)