P00_1862
ホットトイズ キャプテン・アメリカ(インフィニティ・ウォー)のレビューです。
P00_1662P00_1663
全身。インフィニティ・ウォーでの暗い色のスーツ姿で所々のダメージや腕まくりなども忠実に再現。
P00_1681
顔。びっしり生えたヒゲなどこれまでとはかなり違った見た目になってますが、いつも通り精密な造形塗装で非常にリアル。
P00_1675P00_1672
特徴のヒゲは色などもかなり凝った感じに。表情は若干眉間にしわが寄ってるなど険しい雰囲気。
P00_1685
各部位など。衣装はいつものスーツですが、色は暗く所々破れてたり汚れてたりなど傷みの表現もリアルに再現。
P00_1686
腰回り。
P00_1666P00_1668
腕や足。腕はこれまでと違い袖を捲った状態に。脚部は色などは異なりますが大体のデザインはシビルウォーの時と同じ。
P00_1689
背中。
P00_1656
オプション。
P00_1658
台座。
P00_1710P00_1711
ワカンダ・シールドを装備した状態。
P00_1701
ワカンダ・シールド。こちらもディテールなど精密に再現されており色も劇中の印象そのまま。
P00_1705
裏側。持たせる時は先にグリップを握らせてから手首を腕にはめる方式。
P00_1702
シールドは左右と先端が展開。
P00_1691
プロキシマ・ミッドナイトの槍も付属。
P00_1695
先端。造形はかなりシャープで汚れなどもリアル。
P00_1697
後端の機械的なディテールもきっちり再現。
P00_1718
シビルウォーやAoU版と。一番目立つのは頭部ですが、スーツも胸の星が無くなったり色もかなり違ってました。
P00_1725
適当に何枚か。
P00_1737
槍キャッチ。プロキシマの槍が付属するので登場時のアクションを再現可能。
P00_1748
両手持ちなども可。なお限定版にはコーヴァス・グレイヴの槍やアウトライダーの亡骸も付くそうで説明書に記載されてました。
P00_1764
ワカンダシールドを装備しダッシュ。
P00_1778
ジャンプ。ボディパーツは新規造形だそうですが可動はCW版と目立った違いは無かったです。
P00_1786
盾で攻撃。展開するとサイズも結構大きくなるのでなかなかの迫力に。
P00_1793
アッパー。肩回りは結構動きますが、腰は若干程度しか回らないので派手なアクションは苦手。
P00_1796
足首はボールジョイントなので接地性は良かったです。
P00_1801
股関節周りなどはシビルウォーの時と変わらず、角度を選べば蹴りポーズなんかも再現可能。
P00_1829
ソーと。「髪切ったのか?」
P00_1845
「俺のヒゲ真似したろ?」
P00_1848
「俺はグルート」「僕はスティーブ・ロジャース」キャプテンらしいちょっと天然っぽい感じのギャグシーン。
P00_1815
終わり。以上、ホットトイズ キャプテン・アメリカ(インフィニティ・ウォー)のレビューでした。

今回のキャップはヒゲが生えるなど頭部の見た目がこれまでと大きく変わってましたが、新規造形でかなり再現度の高い仕上がりになっており、プロポーションなどもほぼ劇中そのままで、ダメージが目立つ衣装なども忠実に再現され全体的によく出来てました。
可動はシビルウォーの時と特に変わりなかったですが、軽めのアクションなら十分こなすことが可能で、今回のメイン武器のワカンダシールドもギミックなどしっかり再現されてて遊びの面でもほぼ不満は無かったです。
クリス・エヴァンスのMCU引退作ということでエンドゲーム版もおそらく買うことになると思いますが、そちらではどんな姿になるのかも気になるところです。