P00_5720
S.H.フィギュアーツ (真骨彫製法) 仮面ライダー轟鬼のレビューです。
P00_5556P00_5558
全身。素体は響鬼などと共通。頭部や胸部、各部の装飾、ベルトなどが新規造形に。
P00_5574
顔。真骨頂シリーズらしい再現度の高さで輪郭やマスク部分の形状なども劇中での印象そのまま。
P00_5570P00_5567
額の顔も精密に造形。角の先端などもシャープでした。
P00_5576
各部位など。胸部は新規造形。塗装も他の響鬼系と同じく丁寧で独特なメタリック色を劇中のイメージ通り再現。
P00_5577
腰回り。ベルトのディテールも精密。
P00_5581
左側にはディスクアニマル。
P00_5561P00_5562
腕や足。この辺は装飾以外は響鬼などと共通。
P00_5580
左手首には変身鬼弦音錠。
P00_5584
背中。
P00_5552
オプション。
P00_5592
変身鬼弦音錠は展開状態の物も付属。
P00_5594
ディスクアニマルを左腰から取り外した状態を再現するラッチパーツも付属。
P00_5597
ディスクアニマルはいつも通り3種付属しそれぞれのデザインをきっちり再現。
P00_5606
音撃弦 烈雷(槍モード)。
P00_5607
裏側。
P00_5612
こちら専用の音撃震・雷轟を取り付け、左右のパーツを展開させれば音撃モードも再現可能。
P00_5601
本体ベルトのバックル雷轟も取り外し可。
P00_5590
響鬼や威吹鬼と。サイズはこちらと特に変わらず。
P00_5624
適当に何枚か。
P00_5636
素体がこれまでの響鬼系と共通なので可動も特に変わらず。
P00_5650
極端に動くような作りではないですが、十分な可動範囲は確保されてるので音撃弦烈雷の両手持ちなどは特に問題なし。
P00_5666
劇中通り大上段で構えることなども可。
P00_5679
斬り下ろし。
P00_5693
突き刺し。足首可動も良好で足を大きく開いてもぴたっと接地。
P00_5706
音撃モード。
P00_5741
専用手首も付属するのでこちらも劇中に近い感じに再現可能。
P00_5720
音撃弦烈雷のディテールも精密なので格好良かったです。
P00_5765
3人集合で終わり。以上、S.H.フィギュアーツ (真骨彫製法) 仮面ライダー轟鬼のレビューでした。

最近になって続けて出るようになった真骨頂の響鬼シリーズですが、今回も響鬼をベースに一部新規造形という作りになっており、造形はどこも精密かつ塗装も丁寧で非常によく出来てました。
可動も極端に動くわけではないものの劇中でやってたような動きなら大体は再現可能で、オプションもこれまで通り細かい小物類に加え、メイン武器の音撃弦烈雷がかなり手の込んだ作りになってて満足度は高かったです。
斬鬼の方もあまり間を置かずに続けて出るようなのでそちらも楽しみです。

iconiconiconS.H.Figuarts(真骨彫製法) 仮面ライダー斬鬼などicon(魂ウェブ商店)