P00_9942
figma “赤”のセイバー モードレッドのレビューです。
P00_9805P00_9807
全身。プロポーションはアニメなどでのイメージそのまま。複雑なデザインの鎧も違和感なく再現され質感なども概ね良好。
P00_9819
顔。figmaらしい安定感で小さいサイズながらアイプリなど綺麗で顔自体の再現度も高かったです。
P00_9817P00_9815
髪造形もシャープ。なお後ろ髪はジョイント可動するようになってました。
P00_9836
別表情の好戦顔。
P00_9838
モードレッドらしい強気な笑顔で静でも動でも使える汎用性の高い表情。
P00_9844
別表情の目閉じ笑顔。
P00_9845
こちらもよく見かける豪快な笑顔で八重歯なんかも綺麗に塗装されてました。
P00_9824
各部位など。鎧は兜の展開収納ギミックなんかがあるので複雑な形状ですが精密な造形塗装でイメージ通りの仕上がり。
P00_9825
腰回り。銀塗装も見本に比べると多少の劣化はあるものの個人的にはこれくらいなら十分でした。
P00_9810P00_9811
腕や足。複雑な肩や前腕、靴なども違和感なく造形。スカート部分は軟質素材で接続はジョイント形式でした。
P00_9828
背中。
P00_9802
オプション。
P00_9849
宝剣「燦然と輝く王剣(クラレント)」。こちらも刀身のディテールなどきっちり再現。柄の後端は取り外し可能。
P00_9850
宝具展開状態の「我が麗しき父への叛逆(クラレント・ブラッドアーサー)」。こちらも刀身の発光をグラデ塗装で綺麗に表現。
P00_9860
パーツの差し替えにより兜を被った状態も再現可能。
P00_9861
頭部パーツだけじゃなく首、肩内側、胸、背中など交換部分が多いので換装は結構手間。
P00_9864
兜の造形も精密でマスクや角部分のディテールもしっかり再現されてました。
P00_9865
意外と色数も多めですがその辺も手抜きなくイメージ通りの不気味な見た目に。
P00_9868
兜は鎧に収納される設定なので換装時は首周りのパーツをごっそり交換しますが、その甲斐あって見た目の変化は完璧。
P00_9869
背中。頭部露出時は首周りがごちゃごちゃしてますが兜の時はすっきり。
P00_9831
figmaのジャンヌや4インチネルのジャックと。サイズも特に気になる部分は無し。
P00_9881
適当に何枚か。
P00_9895
今回は可動も特に力の入った作りになっており肩は引き出し可能で腕を深く内側に曲げることが可能。
P00_9897
ヤクザキック。股関節周りは全て軟質素材でスカート状の左右のパーツもジョイント式なので足も大きく開くことが。
P00_9914
腰もしっかり回り接地性も高かったです。
P00_9927
兜を脱いだ状態で笑顔。
P00_9940
肩が引き出し式で内側へ深く曲げられるので両腕を伸ばしたまま剣を両手で持つことも可能。
P00_9942
ただ素顔時だと首周りのパーツが干渉しやすいのでポロリがちょくちょくあった点はちょっと惜しかったです。
P00_9976
宝具展開時の剣を両手で持つ動きも問題なし。
P00_9985
ただ髪が干渉するので頭上で振りかぶる動きまではちょっと厳しかったです。後ろにずらせば可。
P00_0069
クラレント・ブラッドアーサー!これだけ複雑なデザインでこの構えが取れるのはかなり考えられて作られてる印象。
P00_0035
4インチネルのジャックと対決。違うシリーズですがスケールが合うのでこちらとの相性もばっちり。
P00_0059
アルトリアにMETAL ROBOT魂 騎士ガンダムのスピアを持たせて「貴公には王としての器がないからだ」。
P00_0046
終わり。以上、figma “赤”のセイバー モードレッドのレビューでした。

figmaのFateキャラは大体安定してるので、今回も顔の再現度などかなり高く、複雑な形状の鎧もほぼイメージ通りに再現されており、兜の着脱も完璧とかなり完成度の高い出来に仕上がってました。
鎧がゴテゴテしてるのでアクションフィギュアには向かなそうなキャラですが、流石figmaなだけあって肩の引き出しや軟質素材の多用でその辺の問題もクリアされており、パーツのポロリだけちょっと気になったものの、遊びの面でもかなり満足度は高かったです。
色々とギミックが凝ってることもあってか値段はやや高めですが、それも納得の出来になってるのでキャラが好きな人ならかなりオススメです。