P00_1088
S.H.フィギュアーツ グレートサイヤマンのレビューです。
P00_1029P00_1028
全身。素体は最近の物と共通。肌や衣装の質感も整えられており色やシルエットなどもほぼ原作アニメのイメージ通り。
P00_1044
顔。鳥山明らしいヒーローのデザインで、バイザーや頭頂部などはメタリック塗装になっており塗り分けも正確で見栄え良好。
P00_1039P00_1036
アンテナは硬質パーツで予備も付属。
P00_1045
マスク部分のパーツを変えることで叫び顔にすることも可能。
P00_1048
こちらも口の塗装など綺麗でよく出来てました。
P00_1050
ターバン状態の頭部も付属。
P00_1053
こちらは表情の交換は出来ず笑顔状態で固定。
P00_1063
各部位など。黒いぴっちりスーツの上から布の衣装を着てる見た目が違和感なく再現されており、質感もテカリなど無く良好。
P00_1064
腰回り。
P00_1032P00_1033
腕や足。四肢のバランスも自然で筋肉造形などもよく出来てました。
P00_1071
左腕には腕時計。
P00_1067
背中。
P00_1198
マントは1パーツ構成で跳ね上げることが可能。基部はジョイント式で左右に動かすことも可能でした。
P00_1021
オプション。
P00_1097P00_1098
マントを外して素顔頭部に交換した状態。マントの穴を塞ぐカバーパーツも付属。
P00_1055
こちらはスーパーサイヤ人状態の頭部。
P00_1056
アイプリなどは綺麗ですが、目がちょっと小さいのと頬のフォルムが若干不自然な感じで出来はそこそこくらいな印象。
P00_1059
黒髪時の頭部も付属。
P00_1060
こちらも黒髪時にしては髪のボリュームが多い印象でちょっと惜しい感じ。
P00_1101
腕時計の無い左腕も付属。
P00_1078
素体は共通なのでサイズも最近の物と変わりなし。
P00_1079
SS2悟飯やアルティメット悟飯と。旧素体のアル飯に比べると体型はやや細身になってました。
P00_1088
適当に何枚か。
P00_1095
可動は最近の物と同じく全体的に良好で決めポーズなども無理なくとらせることが可能。腰回りの裾パーツは軟質素材。
P00_1102
悪は絶対許さない、正義の味方!!
P00_1120
バッ。
P00_1125
グレートサイヤマンだ!!角度付きの専用手首が付属するのでこちらの一連の動きもほぼそのまま再現可能。
P00_1131
ターバン状態に付け替え。
P00_1138
ジャスティスキック。こちらは表情が笑顔固定なのでアクションにはやや不向き。
P00_1144
色々エフェクトを使いつつスーパーサイヤ人状態。
P00_1158
ダーブラ戦ではすぐ上着が破れたので登場期間はかなり短い姿。
P00_1168
黒髪状態でも。サイヤマン頭部とマントの出来が良いので素顔状態で飾るのはちょっと勿体ない感はあり。
P00_1210
魔人ブウに不意打ちキック。
P00_1197
終わり。以上、S.H.フィギュアーツ グレートサイヤマンのレビューでした。

ドラゴンボールは他にもっと優先しても良さそうなキャラが色々いる気がするので意外なチョイスでしたが、素体など最近の基準で作られてるので出来自体はかなり良かったです。
素顔頭部2種に関しては多少不満はあったものの、サイヤマン頭部とターバン頭部は十分な出来で、各部の可動なども良く、決めポーズの細かい動きが再現出来る手首も付くなど、かなり充実した内容になってました。
今の基準で見ると旧素体のアルティメット悟飯あたりも結構微妙なので、そちらもそのうちリニューアル版を出して欲しいところです。

iconiconicon
S.H.Figuarts ザマス-合体-、フィギュアーツZERO クウラ-最終形態-などicon3月10日 11時~(魂ウェブ商店)