P00_4258
figma ゴブリンスレイヤーのレビューです。
P00_4208P00_4211
全身。プロポーションや鎧の色などは劇中のイメージ通り。汚れなども細かく表現されリアルな見た目に。
P00_4223
顔。元ネタがさまようよろいということで頭部は隙間なく兜に覆われ、無機質でやや不気味な印象に。
P00_4220P00_4219
塗装でかなり細かく汚れが再現されており見栄えも良かったです。後頭部の赤い飾りはジョイント可動。
P00_4225
各部位など。鎧も精密に造形されており傷などもきっちり再現。色味なども劇中のイメージ通り。
P00_4226
腰回り。
P00_4234
左腰には剣を装備。
P00_4214P00_4215
腕や足。プロポーションなどもアニメそのまま。この辺も金属部分はきっちり汚しが入っており足首まで手抜きは無かったです。
P00_4229
左腕には盾。こちらも汚しが加えられており非常にリアル。
P00_4231
裏側。保持はベルトに腕を通してから手首をはめる仕様。
P00_4236
背中。
P00_4205
オプション。
P00_4240
剣。洞窟用なので長さは短め。保持する時は一旦柄を外す方式。こちらも刀身は汚し塗装に。
P00_4242
棍棒も付属。持ち手は共通。
P00_4238
適当な物と。サイズは平均的な男性キャラくらいでした。
P00_4251
適当に何枚か。
P00_4266
可動はfigmaの中でも特によく動く部類で全体的に良好。
P00_4273
腰もしっかり回るので派手に剣を振る動きも問題なし。ただデザイン的に上を向く動きだけは苦手でした。
P00_4284
股関節は引き出し式ではないですが周りが軟質素材で柔軟に動くので膝立ちも自然に。
P00_4296
コミックス1巻表紙の腰を落とした構えもほぼそのまま再現可能。目が光ってる頭部もあれば更に良かったかも。
P00_4309
棍棒に持ち替え。
P00_4346
肩はダブルボールジョイントで非常に広く動くので大きく振りかぶるような動きも可。
P00_4352
振り下ろし。
P00_4357
ただfigmaは大体そうですが関節の強度はそこまででは無いので肩や腰など多少プラプラする感はあり。
P00_4304
元ネタのさまようよろいポーズ。
P00_4395
ゴブスレは目や松明など火のイメージが強いので魂エフェクトの炎を使って。
P00_4417
終わり。以上、figma ゴブリンスレイヤーのレビューでした。

プロポーションなどはほぼアニメの印象そのまま、鎧も細かく汚しが入ってるので質感などリアルで見栄え良く、細かい装備や傷などのディテールも精密でfigmaらしい安定した出来に仕上がってました。
可動もいつも通り考えられた関節構造と軟質素材によりどこも非常によく動き、劇中の細かな動きなどもほぼそのまま再現出来る感じで、遊びの面でも申し分なかったです。
ゴブリンスレイヤーの立体物はやはり主人公のゴブリンスレイヤーが一番多い感じですが、隣に並べられたら映えそうなので女神官もいつか出して欲しいところです。


figma ゴブリンスレイヤー(あみあみ)【楽天】【Yahoo!】【駿河屋】