figma 黒のライダー アストルフォ レビュー
figma “黒”のライダー アストルフォのレビューです。
P00_0091
全身。Apocrypha名義なのでそちらで登場する姿でFGOでは第2再臨に近い見た目。マントなど特殊ですがバランスは良好。
P00_0093
後ろ。マントは横に広がってるのでスタンドなしでの自立も可能でした。
P00_0106
顔。figmaらしい安定感で再現度は良好。特徴の八重歯もきっちり再現。
P00_0103P00_0101
ボリュームのある髪やリボンなども違和感なく再現されてました。なお今回襟部分はファー素材になってました。
P00_0108
別表情のウィンク顔。
P00_0110
こちらも出来は問題なし。通常顔と異なり目線はやや左寄りに。
P00_0113
別表情の食いしばり顔。
P00_0114
他とは大きく違ったシリアスな表情。出来は他同様良かったです。
P00_0117
各部位など。衣装のディテールも忠実に再現。ただ胸のマークが若干ずれ気味だったのは残念。
P00_0119
腰回り。スカートはいつも通り軟質素材。
P00_0097P00_0098
腕や足。体格はアニメなどのイメージ通り女性キャラと同じ作り。グローブやブーツなども細かく再現されてました。
P00_0123
左腰には鞘。柄の部分は取り外し可能。
P00_0124
背中。
P00_0136
マントは左右に分かれた構造になっており基部と中央がジョイント可動。後ろ髪もジョイント接続で先端は軸可動。
P00_0167
なお尻部分の作りは最近の女性キャラと同じ関節が目立ちにくい構造に。
P00_0170
前部分のもっこり感も無く作り的には女性キャラと同じでした。
P00_0085P00_0086
マントは着脱可能。ただ肩アーマーがないので第一再臨と同じにはならず。
P00_0089
オプション。
P00_0139
剣。アニメなどのイメージ通り細身の剣で柄のディテールも精密。
P00_0145
触れれば転倒!(トラップ・オブ・アルガリア)。こちらはかなり大きめですが重量はないので片手持ちも余裕でした。
P00_0148
破却宣言(キャッサー・デ・ロジェスティラ)。アニメで登場したこちらも付属。専用の持ち手にダボで固定する方式。
P00_0149
内側は白紙。
P00_0130
ジャンヌやモードレッドと。サイズはこの2人とほぼ同じ。
P00_0160
適当に何枚か。
P00_0178
可動はどうしてもマントの干渉があるので肩周りなど通常のキャラよりちょっと動かしにくい印象。
P00_0188
また髪と襟部分が干渉しやすいので首周りも通常より少し窮屈。髪と強く擦れるとファーが抜ける点も注意が必要。
P00_0197
槍に持ち替え。肩はモードレッドなどと同じく引き出し可能で腰も下に引き出せるようになってました。
P00_0194
槍は楽に両手持ち可能。ただ頭はあまり上を向けないのでFGOでの深く腰を落とした突きなんかはちょっと厳しかったです。
P00_0207
槍は軽いので片手持ちでも肩が負けるようなことはなかったです。
P00_0215
破却宣言(キャッサー・デ・ロジェスティラ)。こちらも専用持ち手のおかげで自然な持ち方が可能。
P00_0225
アニメでは序盤から終盤までかなり出番が多かったのでfigma化も納得のチョイス。
P00_0245
「君の真の力を見せてみろ!」右側のマントを後ろにずらせばマントを付けたままでもこのポーズは可能でした。
P00_0317
赤のセイバーと対決。
P00_0301
モードレッドが容赦なさ過ぎてこの辺ではほぼ悪役。
P00_0271
終わり。以上、figma “黒”のライダー アストルフォのレビューでした。

figmaらしい安定した造形塗装でプロポーションや顔、衣装のディテールなどアニメのイメージそのままで非常に可愛らしく仕上がってました。
デザイン的に髪やマントが干渉しやすいので通常のキャラよりは少し動かしにくい部分はあったものの、引き出し関節や軟質素材のおかげで見た目のイメージよりは結構動く印象で、表情や武器なども充実しており個人的には遊びの面でも大きな不満は無かったです。
アポクリファはアニメからはもうだいぶ時間が経った感じですが、キャラに関してはFGOが続いてる間は時期遅れになることは無いので、カルナやアキレウスなど男キャラなんかもいつか出して欲しいところです。


figma Fate/Apocrypha “黒”のライダー【楽天】【Yahoo!】【駿河屋】