figma メイドオルタ レビュー
figma ライダー/アルトリア・ペンドラゴン〔オルタ〕のレビューです。
P00_0755P00_0757
全身。一番メジャーな感のある第二再臨でのメイド姿。流用は無いですが体型や色使いなどは最近の新宿ver.とほぼ同じ。
P00_0769
顔。新宿ver.と被らない為か通常顔がオルタにはあまり似合わない笑顔なのでちょっと違和感あり。
P00_0767P00_0765
正式名は不敵顔。いつも通りアイプリなどは正確で出来自体は良かったです。
P00_0772
別表情の呆れ顔。
P00_0773
ギャグっぽい表情のこちらも付属。今回は表情は2種のみでした。
P00_0776
各部位など。第二再臨のメイド姿なので水着もフリルなどが付いたメイドっぽいデザインに。ただ上着のパーカーは普通。
P00_0989
腰回り。スカートはエプロン状のデザインに。
P00_0761P00_0762
腕や足。体型バランスは最近の新宿ver.と同じ。しわ造形や靴のディテールなども精密でした。
P00_0781
背中。
P00_0869
尻部分はいつも通り分割線の目立たない作りに。
P00_0752
オプション。バイクの上に立たせて展示する為の延長用支柱が付属。
P00_0782
ハンドガン。エクスカリバー・モルガンのような赤い模様が入ってるのが特徴。
P00_0785
ライフル。こちらも同様。
P00_0786
アイス。こちらは手首と一体化した作りになってました。
P00_0789
モップ。先端のディテールなど細かく赤部分もメタリック塗装になってるなど凝った作りに。
P00_0790
反対側。
P00_0922
スカートパーツを交換することでキュイラッシェ・ノワールに乗せることも可能。
P00_0923
サイズが新宿ver.と同じなのでハンドルやステップの位置なども丁度良かったです。
P00_0925
横から。上着に動きがついてるので乗せた時の見た目も自然。
P00_0899
交換用スカートパーツは両足を上げた状態に合う形になってました。
P00_0872P00_0873
スカートパーツは取り外した状態でも飾ることが可能。ただ腰部分にはリボン差し込み穴があるので後ろ姿は違和感あり。
P00_0793
セイバーオルタ新宿ver.と。サイズや肌、衣装の色などはこちらとほぼ同じ。
P00_0794
なお表情パーツの互換性もあるので今回のメイドをオルタらしい無機質な表情にすることも可。
P00_0797
適当に何枚か。
P00_0814
特別干渉するような箇所は無いので可動も新宿ver.など最近の物と特に変わらず。
P00_0820
ただ表情が笑顔と呆れ顔しか付いてないので普通に攻撃モーションの再現などをする時には合わない印象。
P00_0825
新宿ver.を持っていればそちらの真顔や叫び顔が流用出来るので、動きに合った表情を選ぶことが可能。
P00_0837
肩は最近の物同様引き出し可能でモップの両手持ちなども楽に。
P00_0842
ライフルも両手でしっかり構えることが可能。スタンド穴は上着の後ろにあり穴が浅いのでちょっと不安定でした。
P00_0853
膝立ちで構える動きなども問題なし。
P00_0861
食べたアイスの数など覚えてはいない。
P00_0868
アメリカではビーチでメイドオルタのコスプレをしたレイヤーがライフル持ってる不審者ということで通報される事件があったとか。
P00_0885
スカートを外して新宿ver.のエクスカリバー・モルガンを持たせた状態。
P00_0919
キュイラッシェ・ノワールに搭乗。
P00_0937
ライフル射出。
P00_0955
不撓燃えたつ勝利の剣。なおこの状態で固定出来るように今回は支柱延長パーツも付いてました。
P00_0985
終わり。以上、figma ライダー/アルトリア・ペンドラゴン〔オルタ〕のレビューでした。

同じオルタということで全体の色使いや作りなどは最近出たばかりのセイバーオルタ新宿ver.とほぼ同じ。
衣装のフリルなどメイド特有のデザインもきっちり造形されており、ハンドガンやライフル、モップなどの各武器も精密に再現され、キュイラッシェ・ノワール搭乗用のスカートも付くなど充実した内容になってました。
ただ元々新宿ver.と組み合わせて遊ぶのが前提なのかもしれないですが、付属の表情が笑顔と呆れ顔という癖のある2種しかなかったので、目線違いの真顔などオルタらしいクールな表情も1種は付けて欲しかったところです。


figma Fate/Grand Order ライダー/アルトリア・ペンドラゴン〔オルタ〕【楽天】【Yahoo!】【駿河屋】