フィギュアーツ オーマジオウ レビュー
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーマジオウのレビューです。
P00_2151P00_2155
全身。腹部など一部流用のようですがほぼ新規。肩や四肢などオーマジオウ特有のごつい体格も再現され金の色味も良好。
P00_2357
顔。同じジオウなので目やマスク部分の形状など通常のジオウと似た部分も多め。
P00_2164P00_2162
表面や額、顔の縁、針状のアンテナに至るまでかなり複雑化してますが、精密に造形塗装されていました。
P00_2168
各部位など。胴体もジオウに似てますが、左右非対称のデザインになっており肩にかけられたベルトなど豪華な見た目に。
P00_2171
腰回り。ベルトもオーマジオウドライバーになり色形共に煌びやか。ブレスレット状の縦ラインも伸びてました。
P00_2173
ジオウ同様バックルは可動。
P00_2174
右胸には6つのオーナメントスロット。こちらも精密に造形。
P00_2158P00_2159
腕や脚。肩も豪華になり各部ディテールが追加。脚はブーツを履いたような見た目になってました。
P00_2177
背中。大きな2本の時計の針、アポカリプス・オブ・キングダムがマント状に付いてるのが特徴。
P00_2178
2本の針は回転可能。
P00_2148
オプション。
P00_2183
ジオウと戦った時に使ったライドウォッチが付属。こちらはクウガライドウォッチで専用の持ち手で保持することが可能。
P00_2193
キバライドウォッチと龍騎ライドウォッチも付属。腕のホルダーに付けることも可能でした。
P00_2181
通常のジオウと。腰の細さは同じですが胸部や肩、四肢の違いによってごつく見える印象。
P00_2188
適当に何枚か。
P00_2202
関節などの作りはこれまでのジオウ系と変わらないので可動も大体同じ。
P00_2211
ただ肩アーマーがごつく、胸のベルトの干渉などもあり若干動かしにくくはなってました。
P00_2220
ライドウォッチ使用。
P00_2229
ジオウと対決。 
P00_2239
最後にあんな活躍をするとは思ってなかった頃。
P00_2265
オーラーエフェクトを使って覚醒。
P00_2283
ダグバ吹っ飛ばし。
P00_2298
ドラグブラッカー破壊。
P00_2301
終焉の時。
P00_2311
逢魔時王必殺撃。針が動くのでこちらの再現も問題なし。
P00_2327
着地。
P00_2354
終わり。以上、S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーマジオウのレビューでした。

最終回で株を爆上げしたオーマジオウですが、登場自体は序盤で受注も早く始まったので、SHFでは珍しく劇中で大活躍したすぐ後に発売という特殊なパターンに。
出来の方もジオウを豪華にしたような精密なデザインが忠実に再現されており、金の色味などもほぼ劇中のイメージ通り、背中の針が動くギミックなどもきっちり再現されてて非常に満足度の高い内容になってました。
これが最終フォーム扱いなのか謎ですが、最強フォームには違いないので、これからのジオウの各フォームがちょっと地味に感じてしまう感はあるものの、ジオウ2などまだ色々と続いていくので今後にも期待です。

iconicon
S.H.Figuarts 仮面ライダーウォズギンガファイナリー 宇宙最強セットなどicon(魂ウェブ商店)
S.H.Figuarts 仮面ライダーオーマジオウ【楽天】【Yahoo!】【駿河屋】