figma グリッドマン レビュー
figma グリッドマンのレビューです。
P00_5635P00_5636
全身。アニメの決めポーズ時のようなメリハリのあるプロポーションが特徴。色などもほぼアニメのイメージ通り。
P00_5655
顔。こちらも各パーツのバランスなどほぼアニメそのまま。各部の造形もシャープ。
P00_5648P00_5647
目は通常の黄色塗装。額や側頭部の塗り分けなども丁寧でした。
P00_5657
各部位など。胴体は劇中通り細身。複雑なカラーリングもパーツ分けと塗装できっちり再現。
P00_5659
腰回り。
P00_5641P00_5643
腕や足。肩は少し大きめに作られておりメリハリを強調。各部の筋肉のような曲線的フォルムも違和感なく再現されてました。
P00_5718
腕は左右非対称。左手甲のプライマルアクセプターも精密に再現。
P00_5666
背中。
P00_5678
可動は首腰共に大きくスイングし首は下方向に引き出し可能。肩はそのまま高く上がり肘膝も深く曲げることが。
P00_5679
股関節も前後横に広く動き、接地性もかなり高めでした。
P00_5630
オプション。
P00_5671
グリッドマンキャリバー。刀身や柄の部分は取り外し可能。
P00_5675
パースの付いた決めポーズ用の刀身も付属。
P00_5668
グッスマのフルパワーグリッドマン付属の本体と。サイズは今回の方が一回り大きく体型バランスなども変化。
P00_5694
適当に何枚か。
P00_5701
関節は可動重視の作りになってるので格闘ポーズの再現も楽に。腰もしっかり回転可能。
P00_5710
キック。股関節は引き出し式ではないですが最近のSHFのような多段構造になってるので脚も高く上げることが可能。
P00_5726
グリッドビーム。
P00_5732
グリッドマンキャリバー装備。
P00_5749
接地性も高いので大きく足を開いても安定。ただ太腿ロール、膝なんかはSHFに比べると少し緩い感はあり。
P00_5770
パースのついた刀身にするとかなり重くなるので片手持ちは厳しめでした。
P00_5791
肩周りもよく動くので肘を伸ばしたままでの両手持ちも可能。
P00_5797
爆発エフェクトを使って。
P00_5866
キービジュアルポーズで終わり。以上、figma グリッドマンのレビューでした。

グリッドマンのイメージに合ったメリハリのあるプロポーションで、各部ディテールなども精密に造形、塗装も丁寧かつ色の再現度も高く非常に格好良く仕上がってました。
関節も可動重視の作りになってるので通常のfigmaよりかなり動く方で、劇中の動きも大体は再現することが出来、グリッドマンキャリバーもパース付きの刀身が付いてるなど、本体オプション共にビシッとしたディスプレイが出来るようになってる点も良かったです。
間を置かずにグリッドナイトの方も発売されるのでそちらも楽しみです。


figma SSSS.GRIDMAN グリッドマン【楽天】【Yahoo!】【駿河屋】