P00_7782
GUNDAM UNIVERSE ガンダムデスサイズのレビューです。
P00_7737P00_7738
全身。プロポーションはシリーズ共通のがっしりスタイル。肩の形などデザイン自体もオリジナルとは少し変化。
P00_7756
顔。ROBOT魂版と比べると各部のバランスは微妙に違ってますが、特別目立つほどのアレンジは無し。
P00_7749P00_7748
アンテナが細長かったり目つきが鋭かったり全体的にシャープな顔立ちになってる印象。
P00_7758
各部位など。体型のバランスはシリーズ共通。成型色中心ですが黒が多いので質感も悪くなく塗装も丁寧。
P00_7759
腰回り。
P00_7741P00_7744
腕や足。四肢はかなりごつめ。特に肩は外側に跳ね上がった形になってるなどデザイン自体少しアレンジされてました。
P00_7762
左腕にはバスターシールド。右腕にも取り付けは可能。
P00_7764
背中。
P00_7731
オプション。
P00_7767
ビームサイズ。ビーム刃はクリアパーツではなく塗装。
P00_7769
先端部分は可動。
P00_7870
腰裏にマウントすることも可能。
P00_7772
バスターシールド用のビーム刃も付属。こちらは先端の刃を開いて取り付け。
P00_7778
第一弾のウイングと。アレンジの特徴は同じなので統一感のある見た目に。
P00_7775
ROBOT魂版とも。全体的にごつくなってますがアレンジが目立つのは肩。
P00_7782
適当に何枚か。
P00_7793
関節などはシリーズ共通の作りで可動も他と概ね同じ。
P00_7810
腰はバルバトス同様改良されてますが、こちらは通常30度くらいで限界まで反らせても45度程が限界。
P00_7834
接地性なども他とほぼ同じ。
P00_7845
斬り上げ。関節はどこもかなり硬めでした。
P00_7861
バスターシールド構え。
P00_7868
発射。
P00_7872
あなたの眼差し守りたい。
P00_7874
ウイングと対決。
P00_7911
終わり。以上、GUNDAM UNIVERSE ガンダムデスサイズのレビューでした。

ごついプロポーションなど造形の癖はシリーズ共通で塗装なども丁寧、肩のアレンジは賛否ありそうですが個人的には特別気になる程ではなく、第一弾のウイング同様なかなかの格好良さに仕上がってました。
可動はバルバトスのような腰一回転は無理でしたが、第一弾の3種よりは改善されて若干捻ることが出来るようなりポージングの幅が増し、肩周りもわりと動くので両手でビームサイズを振り回す劇中定番の動きも再現可能で遊びの面でも特別不満は無かったです。
ガンダムWの機体はこれで2機目となりましたが、今後も続いて5機揃うのか気になるところです。

iconicon
【抽選販売】METAL ROBOT魂 <SIDE MS> 孫権ガンダム(リアルタイプver.)などicon(魂ウェブ商店)
GUNDAM UNIVERSE XXXG-01D GUNDAM DEATHSCYTHE【楽天】【Yahoo!】【駿河屋】