ROBOT魂 ゲルググJ レビュー
ROBOT魂 ゲルググJ ver.A.N.I.M.E.のレビューです。
P00_8109P00_8110
全身。通常のゲルググからの流用は無く新規造形。ver. A.N.I.M.E.らしく造形や色など劇中イメージに忠実。
P00_8124
顔。同じゲルググなので極端には変わらないですが頭部が平たくなりアンテナが長くなるなど引き締まった形状に変化。
P00_8119P00_8118
後頭部も通常よりシャープな形に。モノアイはいつも通りメタリック塗装。
P00_8125
モノアイ可動もいつも通りカバーを開いて動かす方式。
P00_8128
各部位など。量産機ですがカラーリングはシャア専用機に近い感じに。他の0080機体と同じくディテールは多め。
P00_8129
腰回り。
P00_8113P00_8114
腕や足。モールドなどは増えてますがプロポーションは通常と変わらずマッシブ。曲線的なフォルムなども綺麗。
P00_8132
左肩にはマーキング。
P00_8134
背中。
P00_8103
オプション。
P00_8107
カスタマイズ用シール。
P00_8137P00_8138
フル装備状態。
P00_8141
ビーム・マシンガン。
P00_8142
後部は伸縮可能。
P00_8146
発射エフェクトも付属。
P00_8148
プロペラントタンク。こちらは背部左右の穴に取り付け。接続部はボールジョイント可動。
P00_8156
バーニアエフェクト。こちらは4個付属しバックパックや腰裏、足裏などに取り付け可。
P00_8157
腕部ビームガンにはシャアザクなどに付属するエフェクトを取り付け可能。
P00_8151
シャア専用ゲルググと。1年戦争ゲルググより色々ディテールアップした見た目に。
P00_8168
適当に何枚か。
P00_8177
関節の作りなどはこれまでのver. A.N.I.M.E.と大体同じで引き出し関節が多用されどこも良好。
P00_8186
ただ太腿が太いので内側へは回しにくく、そこだけ少し癖がある感じでした。
P00_8193
腕部ビームガンのエフェクトは今回は付属しないですが他から流用可能。
P00_8202
バーニアエフェクトは大型なので4個も付ければかなり迫力ある見た目に。他の0080系から流用することも可。
P00_8212
プロペラントタンクを外して。
P00_8266
武器がマシンガンのみでビームナギナタのような近接武器がないので遊びの幅は通常ゲルググより狭め。
P00_8245
ゲームではサーベルやナギナタを持ってたりもするとか。
P00_8219
主な対戦相手のジムコマンドは11月発送。
P00_8234
後ろから。
P00_8258
旧プラモ箱絵っぽいポーズで終わり。以上、ROBOT魂 ゲルググJ ver.A.N.I.M.E.のレビューでした。

ver. A.N.I.M.E.シリーズらしい安定した造形でプロポーションなどほぼアニメの印象そのまま、モールドなどのディテールも程良いバランスで非常に格好良く仕上がってました。
可動は太腿を内側へ回す動きだけやや苦手でしたが、他はいつも通り引き出し関節が多用されてて見た目を崩さずよく動き、武装もやや少なめではあるものの設定通りなので内容的にも特に不満は無かったです。
ver. A.N.I.M.E.の0080機体は次にジムコマンドが出るのが決まってますが、同じ戦闘シーンで出てきたリック・ドムIIも発売されるのかも気になるところです。

iconicon
ROBOT魂 <SIDE MS> MS-11 アクト・ザク ver. A.N.I.M.E.などicon(魂ウェブ商店)
ROBOT魂〈SIDE MS〉 MS-14JG ゲルググJ ver.A.N.I.M.E.【楽天】【Yahoo!】【駿河屋】