METAL ROBOT魂 アカツキ レビュー
METAL ROBOT魂 アカツキガンダム(オオワシ装備)のレビューです。
P00_8622P00_8623
オオワシパック無しで全身。同じMETAL ROBOT魂シリーズということで体型はストフリなどに近め。
P00_8627
パック装備状態。特徴的な金の機体色も専用のメッキで忠実に再現。色味などかなり劇中のイメージに近い印象。
P00_8626
後ろ。マーキングも全身各部に入っており精密な見た目に。
P00_8640
顔。これまで同様劇中の作画を意識した造形になっておりマスク部分の幅が広め。アンテナや側頭部などもシャープ。
P00_8636P00_8634
目はいつも通りメタリック塗装。細かな塗り分けも正確。
P00_8642
各部位など。体のバランスは過去のMETAL SEED系と同じ。金以外もほぼメタリック塗装で全身ギラギラした見た目に。
P00_8643
腰回り。重要な金は今回専用のメッキ技術が使われてるそうでこれまでの立体物の中でも特に劇中に近そう。
P00_8630P00_8631
腕や足。ガンメタルのフレームも電解メッキが使われてるそうで全身の金と合った質感になってました。
P00_8646
左肩には暁のマーキング。
P00_8684
ふくらはぎのカバーは可動。
P00_8648
背中。
P00_8652
主翼は上下に可動し畳むことも可。オオワシパックは左右のブロックも若干動くので細かい動きをつけることが。
P00_8654
下部のビーム砲は前面への展開と砲身の伸縮、グリップの引き出しが可能。
P00_8618
オプション。
P00_8616
スタンド類一式。こちらもストフリなどと同じ作り。
P00_8655
フル装備状態。
P00_8658
ヒャクライ(ライフル)。
P00_8667
こちらはサイドアーマーにマウント可能。
P00_8659
防盾(シールド)。
P00_8664
裏側。ジョイントとグリップで保持する形式ですがメッキに配慮してジョイントの固定は緩めでした。
P00_8671
ビームサーベルは刃が特殊な形状に。
P00_8672
連結してない状態の柄も付属。
P00_8887
説明書には載って無かったですが過去の立体物と同じようにライフルに取り付けて銃剣のようにすることも可能でした。
P00_8686
オオワシパックは単体で飾ることも可能。
P00_8687
機首部分などは差し替えなしで変形可能。
P00_8690
横から。
P00_8691
裏側。こちら用のスタンドジョイントも付属。
P00_8682
サイズや体型バランスは過去のMETAL ROBOT魂SEEDシリーズと同じ。
P00_8703
適当に何枚か。
P00_8716
関節などの作りも過去の物と同じなので可動も概ね変わらず。
P00_8724
肩や股関節はいつも通り引き出し可能。
P00_8742
ビーム砲もアームなど柔軟に動くので扱いやすかったです。
P00_8748
後ろから。
P00_8764
ビームサーベル抜刀。
P00_8768
腰もしっかり回るのでサーベルを振る動きも問題なし。
P00_8885
銃剣モード。ほとんどの部分がメッキなので動かす時は擦れないよう気を付けた方が良さそう。
P00_8791
ビーム反射ポーズ。
P00_8801
膝立ちも問題なし。
P00_8808
デスティニーと対決。
P00_8853
大した腕も無いくせに!
P00_8875
終わり。以上、METAL ROBOT魂 アカツキガンダム(オオワシ装備)のレビューでした。

同じMETAL ROBOT魂のSEED系ということで造形の特徴はストフリなどと大体同じで、再現が難しそうな金の機体色も特殊なメッキ技術でかなり劇中に近い色味や質感になっており、完成度の高い出来に仕上がってました。
可動もこれまでのSEED系同様良好で射撃から格闘まで劇中の動きはほぼ再現可能で、今回はオオワシパックのみでしたが、ビーム砲などのギミックも凝ってて遊びの面でも不満は無かったです。
また本体とセットになるのかパックだけ買えたりするのかは謎ではあるものの、シラヌイはそのうち出そうですが、個人的には見てた当時こちらよりも好きだったレジェンドも何とか出して欲しいところです。

iconicon
METAL BUILD ガンダムアストレア用高機動試験装備などicon(魂ウェブ商店)
METAL ROBOT魂 アカツキガンダム【楽天】【Yahoo!】【駿河屋】